ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 2800
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

確定申告の医療費控除についてお伺いしたいです。 令和2年度の確定申告が再提出となりました。

ユーザー評価:

確定申告の医療費控除についてお伺いしたいです。令和2年度の確定申告が再提出となりました。
理由は医療費控除の明細書が提出されていなかったことです。現在、心身障害者医療費受給を受けております。
県外で歯医者や皮膚科など医療機関を受診した場合、
診療後の領収書を住居している市役所に送らないと金額が補填されませんが、
これを今年現在、まだ行っていませんでした。この医療費の補填申請はまた別に送るとして、
令和2年度の税務署からダウンロードしたEXCELの医療費控除の明細書には、
支払った金額は実際に払った金額を記入、
補填される金額欄は0円となると思いますが、
合っているでしょうか?また、上記医療費の補填申請を市役所が受け取り、
医療費を補填してくれた場合、
どのように記載すれば良いのでしょうか?よろしくお願いします。

お世話になります。

医療費の明細書には実際に支払ったから金額と補填される金額を記載し、医療費控除の対象になるのはこの差引の金額、つまり実質的な負担分になります。

ご質問の内容は、「令和2年の医療費について補填手続きを行うが、受給は令和3年の見込み」ということかと思います。

この場合は、手続きにより補填される見込額を補填される金額として記載します。

実際の補てん額が見込の補てん額を下回る場合は、更正の請求、上回る場合は修正申告をその後に行うことになります。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
26089;速のご返答ありがとうございます。
分かりやすい回答で助かります。

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

税金 についての関連する質問