ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 2436
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

相続した土地を一部売却しましたが、その土地の取得費用が判りません。この売却した土地は昭和30年以前に取得しているようなの

ユーザー評価:

相続した土地を一部売却しましたが、その土地の取得費用が判りません。この売却した土地は昭和30年以前に取得しているようなのですが、確定申告にあたって土地の取得原価はどのように算定すればよろしいのでしょうか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 私は兵庫県宝塚市に住んでいますが、該当の土地は鳥取県鳥取市です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 初めてなので、何が必要なのかわかりません。特に伝えていただきたい事項はありません。

はじめまして。

>相続した土地を一部売却しましたが、その土地の取得費用が判りません。この売却した土地は昭和30年以前に取得しているようなのですが、確定申告にあたって土地の取得原価はどのように算定すればよろしいのでしょうか?

→ 完全に不明の場合は収入金額の5%を概算取得費として計上します。

亡くなった方の生前のお話であったり、登記簿謄本等から購入金額を把握しているのであれば、その金額を使用していただいて構いません。(領収書等が無くてもよほどのことが無い限り税務署はとりあえず認めます)

ただ、昭和30年以前の取得だとすると収入金額の5%の方が高くなる可能性もあります。

5%の概算取得費でいいのではないかと思いますよ。

質問者: 返答済み 15 日 前.
30456;続した土地には居住していませんが、5%の概算取得費以外に節税できるような特例はありませんか

該当するとすれば空き家特例ぐらいしか思いつきません。

売却した相続不動産は亡くなった方が独居されていましたか?

お亡くなりになった後の利用状況と、売却時の取壊しの有無はわかりますか?

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございました。相続した土地上には建物はなく、土地の一部を売却しただけですので、「空き家特例」の対象外だと思います。回答いただいた内容に基づいて確定申告作業を進めたいと思います。

お役に立てば幸いです。

よろしければ画面上の星マークで評価いただけると助かります。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問