ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1938
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

事業用口座と個人用口座を分けていない場合、事業に関係ないお金(毎日のご飯代、遊びで使ったお金etc...)は事業主貸とし

ユーザー評価:

事業用口座と個人用口座を分けていない場合、事業に関係ないお金(毎日のご飯代、遊びで使ったお金etc...)は事業主貸として帳簿に記載しないといけないでしょうか?

ご質問の状況の場合、事業に関係の無いお金を記載しないと帳簿上の預金残高と実際の通帳残高が一致しないと思います。

残高が一致していない場合、何が正しいのか確認出来なくなるので、記載して一致させるしか無いです。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
12363;しこまりました。回答ありがとうございました。

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

質問者: 返答済み 8 日 前.
20840;部入力して足りない・多いというのが分かった時に、事業主貸・事業主借を使って調整するという感じでしょうか?

いえ、通常は通帳の記載の通りに入力をします。

なので通帳の取引数が多いと、必然的に入力の回数も増えます。

ご指摘の方法だと、差額を事業主で無理矢理合わせているので、入力誤り等があった場合に全く気が付きません。

帳簿の正確性に影響を及ぼすので、まとめて調整はまずやらないです。

※「通帳の残高と一致していない=入力漏れや誤りがある」なので、残高の確認により正確な帳簿作成をしているのです。

質問者: 返答済み 8 日 前.
12362;電話ありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

税金 についての関連する質問