ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 2003
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

確定申告について教えて下さい。 大阪府です。 昨年2月より事務所件自宅として引っ越しし、生活をしています。

ユーザー評価:

確定申告について教えて下さい。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪府です。 昨年2月より事務所件自宅として引っ越しし、生活をしています。
事務所は2DKでそのうち一部屋を倉庫として使い、DKはほぼデスクワークの場所になっております。
家賃7万2千のうち3万を補助?経費として考えて引っ越しました。
ただ、毎月の計上にすべきかまとめて支払うべきかどうするのが良いのでしょうか?迫る確定申告においてどうすべきでしょうか?
現在はまだ計上しておりません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 個人事業主として白色申告をしております。

はじめまして。

>ただ、毎月の計上にすべきかまとめて支払うべきかどうするのが良いのでしょうか?

→ どちらでも問題無いです。

> 個人事業主として白色申告をしております。

→ 家事関連費の事業供用分を経費に計上するのは青色申告の特例なので、厳密には白色申告では計上出来ないです。

「実務上白色申告でも認められている」という方もいますが、念のためお伝えしておきます。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
再度確認です。
今年も白色申告の予定です。
今から昨年の2月から12月分を計上した場合、これは申告上どのように処理すべきですか?

まず個人的な見解です。

自宅兼事務所の家賃ような家事用事業用兼用のような支払いを経費にするというのは青色申告の特例なので、経費にはしないというのが正しい処理です。

一方で、(何を根拠にしているか不明ですが)白色申告でも、事業利用分の計上が認められているという専門家もいます。(ネットで検索すると少なからず出てくると思います)

実際、計上されている方も少なからず散見されるので、全く根拠のない話ではないとも思います。

計上するのであれば事業供用部分に限るので、床面積の㎡数のような合理的な基準で計上する必要があります。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございました。

玉虫色の回答になってしまい心苦しいのですが、ご質問の話は見解別れる内容と思います。

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございました。

税金 についての関連する質問