ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1896
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

こんにちは。フリーのミュージシャンです。 収入が大変低く、長い間申告していませんでした。

ユーザー評価:

こんにちは。フリーのミュージシャンです。 収入が大変低く、長い間申告していませんでした。 しかし持続化給付金をもらったら、という友人のあとおしで、がんばって2019年の白色申告をしようとしてみました。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪府です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 給付金をもらえるとしたら、1月15日までに申請すること。 5年に遡って申告しなければならないと税務署に言われましたが、それは本当に難しい。資料がないです。その場合、どうやったらいいでしょうか。

はじめまして。

>給付金をもらえるとしたら、1月15日までに申請すること。 5年に遡って申告しなければならないと税務署に言われましたが、それは本当に難しい。資料がないです。その場合、どうやったらいいでしょうか。

→ 1月15日までに申請しないといけないのはどうしようもありません。(延長の予定は無いようなので)

申告は必要ですが、給付金申請に使用するのは2019年分の申告です。

それ以前の申告については税務署に提出が必要なだけで、給付金申請に必要なわけではありません。

とりあえず急いで2019年分の申告を済ませるところがスタートと思います。

資料が無ければ申告書を作れないので、それは何とか探すしかないです。

通常は預金口座に入出金の履歴だとかがあるので、そこから作成します。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございます!
手早いご対応に感謝します。
すでに台帳は、打ち込んであるので、とりあえずそれで、行ってみることにしました。遡っての申告が難しいと思い、相談してみたいと思いましたが、まず、今の19年を申告します。ありがとうございました。今後もご連絡させていただくかもしれません。その時は宜しくお願いいたします。

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

税金 についての関連する質問