ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nakaに今すぐ質問する
naka
naka, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 59
経験:  Expert
110883515
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
nakaがオンラインで質問受付中

Wワークで働いてる者です。 大阪府です。 本業の方には分からないように税金申告したいのですが。

ユーザー評価:

Wワークで働いてる者です。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪府です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 本業の方には分からないように税金申告したいのですが。

おはようございます、宜しくお願いいたします。

確定申告をされるのでしょうか?副業の給与はどのくらいになりますか?

質問者: 返答済み 11 日 前.
2020年4月からはじめて、月7万~10万くらいです。

副業の収入が20万円未満の場合で、ほかに医療費やふるさと納税など確定申告をする必要がない場合は、住民税の申告のみとなります。

会社がわかるとしたら、会社で天引きする住民税の金額が副業分も加算されて大きくなっているので、違和感を感じるときくらいかと思いますが、副業収入がそこまで多くはありませんので、気づかれることもないのではと思います。

副業が給与以外の収入(雑所得など)でしたら、給与以外を普通徴収(給与から天引きでなく自分で納付する方法)に選択する箇所がありますが、副業も給与となっていて源泉徴収票などいただいている場合でしたら、住民税天引きをしている会社にまとめて住民税の通知がいきます。

通常、課税明細部分はご本人様にお渡し、会社は住民税の金額のみ把握するだけですので、わかる可能性は低いと思います。

質問者: 返答済み 11 日 前.
21103;業の収入が20万円未満の場合で、とは月の収入という意味でしょうか?

すみません、年間ですので確定申告必要ですね。大変失礼いたしました。

質問者: 返答済み 11 日 前.
2020年4月から12月までの副収入に対して税金が掛かってくるという事ですね。
因みに本業に気づかれないように申告するための方法があれば教えて下さい。
青色とか白色とか難しそうなので。

はい、確定申告の義務がございます。

副業収入は給与として源泉徴収票をもらっていますか?職種はどのような副業でしょうか?

副業が給与収入ではなく雑所得などですと、副業分の住民税が会社で天引きする住民税に加算されず、別途自分で納付することができるので一番よいのですが、。

質問者: 返答済み 11 日 前.
21103;業先は出前館でデリバリーです。
令和2年の源泉徴収票も頂いております。
支払金額 766,587円
源泉徴収税額 26,499円と書かれてます。

ご確認いただき、ありがとうございます。

源泉徴収票もいただいているとのことですので、給与収入となりますよね。

となりますと、やはり、副業の住民税が会社で天引きする住民税に加算されてしまいます。ただ、収入の内訳などは会社にわかりませんので、万が一何かあれば他の所得があったということにするか…ですね。例えば仮想通貨やメルカリや臨時的な収入など、給与以外の収入のため確定申告されるかたはいらっしゃいます。

会社が住民税の金額が高めなので副業しているのではないかと疑うか否か、というところだけですが、あまりないのではと思います。

あとは、確定申告はお住まいの市や区にまわりますので、確定申告が終わった後、副業の住民税は別に納付できるかを市や区にご相談をしてみるかだと思います。私の住んでいる区は無理でしたが、自治体によっては別々にしてくれるところもあるかもしれません。

ご確認を宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 11 日 前.
24180;がかわりましたが、いつまでに手続きをすればよいのでしょうか?
確定申告前にしておかないといけない事があれば教えて下さい。

確定申告の受付は2月16日から3月15日となっております。その後、お住まいの市や区にご連絡してみてもよいと思いますし、今でも問い合わせてみることは可能かと思います。

確定申告前にしておくことは特にございません、源泉徴収票やマイナンバーをご用意いただければ申告可能となります。

宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 11 日 前.
21306;役所と税務署と両方行かないといけないのでしょうか?

確定申告書は税務署ですので、税務署のみです。

本業と副業の住民税を分けることが可能かは、まず区役所の住民税の係りのかたにお電話していただければと思います。

宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 11 日 前.
22320;元の区役所に連絡を取りました。
副業も給与所得の場合は本業の給与と合算されるので分けるのは無理との事でした。
ただ自分で申告する場合は本業・副業併せて申告しないといけないのですね。
本業の会計士に副業の源泉徴収票を渡して計算してもらう事は可能なのでしょうか?

ご確認いただいたのですね。

もしかしたら…と思ったのですが、分けるのはやはり無理なのですね。

本業の会計士に副業の源泉徴収票を渡して計算してもらう場合も、本業・副業併せて申告するのは一緒で、住民税を区役所が合算するのも一緒となります。

住民税が合算されるのがご心配でしたら、副業の会社に事情をお話しして、業務委託契約などにしてもらい雑所得で申告するか、ですかね。

雑所得でしたら、その分を普通徴収(自宅に納付書が届き自分で納付)することが可能です。

質問者: 返答済み 10 日 前.
21103;業の会社に事情をお話しして、業務委託契約などにしてもらい雑所得で申告する事はおそらく不可能かと思われます。
後は、本業の会計士に事情説明して計算してもらうか、自分で申告するかの2パターンでしょうか?

本業の会計士さんに事情説明して計算してもらうと、本業の会社に気づかれないのですか?

申告書を作成してもらうことになるため、料金はかからないでしょうか?

その辺が大丈夫でしたら、本業の会計士さんに事情説明して計算してもらうか、自分で申告するかの2パターンになるかと思います。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26412;業の会計士にもしお願いした場合、別途料金がかかるのでしょうか?
もちろん分かってしまう事が前提になりますが。

通常申告をお願いすると料金は発生いたしますが、ご相談の上、無料で申告してくださるかもしれませんし、その会計士のかたによるかと思います。

ご自身で申告する場合も、確定申告作成コーナーなどは、ご本人様の基本情報と源泉徴収票の内容を入力し自動計算ですので、比較的簡単に作成できると思います。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26412;業・副業 併せてもし自分で申告するとしても、今まで本業の会計士にお願いしていたものを
自分でやるとなると、それだけでも不自然ですよね。
質問者: 返答済み 10 日 前.
22240;みに、自分でe-TAXで申告する場合
所得税や住民税の支払い方法はどうなるんでしょうか?

今まで会計士のかたに申告をお願いしていたのですね。

それでしたら新たに依頼するわけではありませんので、料金なども考えなくてよいですね。すみません、状況がよくわからず…

e-taxで申告後、所得税は納付でしたら納付書かペイジーなどで納付、還付でしたら金融機関を記載すれば還付されます。住民税は給与以外は普通徴収が選べますが、給与のみでしたら本業が特別徴収(会社天引き)なら会社へ納付書がとどきます。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26412;業(会社)の税理士(会計士)にお願いしてみるか、e-taxで自分でやるか、よく考えたいと思います。
今までは本業の毎月の給料から天引きという形で所得税・住民税が引かれていましたが
もしe-taxで自分で申告した場合、税金関係を自分で支払うとなると住民税は年4回にわけて支払う方法は
区役所から聞きました、所得税はどんな支払い方法になるのでしょうか?

所得税は必ず給与から徴収され、確定申告の必要があるかたは確定申告で精算(納付または還付)されます。

住民税は会社に給与天引きで納付する特別徴収義務がありますので、自分で年4回に分けて支払う普通徴収にしてよいかどうか、会社にご相談されたほうがよいのではと思います。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12418;し、私が申告も何もしなかった場合どうなるんでしょうか?

通常であれば本業副業の会社ともに、1月末に給与支払報告書を市区町村に提出します。確定申告がなければそれをもとに住民税が計算され、2社ありますので、自動的に本業のほうに合算となり、納付書が本業の会社に届く流れです。

確定申告をして還付になるようでしたらまだよいですが、納付なのに申告しないとなると、発覚したときには税額に応じた罰金が加算される恐れがあります。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12392;いう事は、住民税は何もしなくてもまとめて本業に来るという事ですね、気になるのは所得税をどうするかという事でしょうか?

はい、通常であれば、住民税は何もしなくてもまとめて本業にきますが、その区の対応や副業の会社の給与支払報告書の提出方法によっては、必ずとは言い切れませんので、ご了承くださいませ。

所得税は副業20万円以上は確定申告義務があり、確定申告が区にもまわるため住民税の申告も兼ねています。申告しなければいけないことにはなっています。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12420;はり本業の方の税理士に頼むかか
e-Taxで自分でやるかの2通りしか無いという事ですね。

強制はできませんが、どちらかの方法でご申告をお勧めいたします。

nakaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問