ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1962
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

1人会社で経営している役員の確定申告についてご質問です。

ユーザー評価:

1人会社で経営している役員の確定申告についてご質問です。現在、株式会社として会社を設立し、役員報酬を月30万と設定しおります。ただし、会社から役員への報酬は30万を振り込んでおりますが、ネットで検索すると役員報酬の30万から所得税等を差し引いて、会社が役員の税金を支払わないといけないということを知りました。そこで、今回のような場合は、役員として報酬をもらっている私個人が3月に確定申告をし支払いできていない所得税等の申告をするということで問題ないでしょうか?
質問者: 返答済み 20 日 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 20 日 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。

はじめまして。

>ただし、会社から役員への報酬は30万を振り込んでおりますが、ネットで検索すると役員報酬の30万から所得税等を差し引いて、会社が役員の税金を支払わないといけないということを知りました。

→ ご指摘の通りです。

>今回のような場合は、役員として報酬をもらっている私個人が3月に確定申告をし支払いできていない所得税等の申告をするということで問題ないでしょうか?

→ 問題が無いとは言い切れないです。

源泉徴収の義務というのは法人にあり、ご指摘のように個人が確定申告すれば、法人・個人トータルで税金の納付漏れは発生しないことになりますが、個人が確定申告で納税していれば源泉徴収を不要とする取り扱いは無いので、法人が納税義務を果たしていない状態に変わりはありません。

ただし、調査時点において、個人で納税が完了している源泉徴収の納付漏れについては不問にすることが多いため、取り立てて問題とならない可能性はあると思います。

砕いて言えば、「(3月を過ぎてしまえば)問題にならない可能性は高いが絶対では無い」というところです。

基本的に給与の支払いを開始する場合、給与支払事務所の設置届出というものを出すことになっており、その後源泉所得税の納税が無いと、国税局から問い合わせあることが多いです。

よろしくお願いします。

電話対応ご希望であれば可能ですが、お時間は15分程度と考えて良いでしょうか?

質問者: 返答済み 20 日 前.
30003;し訳ございません。通話は間違えてボタンを押してしまいましたので文章で問題ございません。
質問者: 返答済み 20 日 前.
22238;答ありがとうございます。
確認いたします。

了解です。

質問者: 返答済み 20 日 前.
30906;認いたしました。ありがとうございます。
恥ずかしながら税金について無知のため、一度私自身が認識している内容を確認していただいてよろしいでしょうか?1、今回の場合は源泉徴収ができてなかったため、令和3年3月に個人で確定申告(月30万年間360万の所得)をして各種税金の納付。2、令和3年4月に給与支払事務所の設置届出を提出。4月の役員報酬から源泉徴収をし会社側から税金の納付。3、源泉徴収は所得、社会保険、住民税など徴収して会社側で納付。個人で3月に申告するのは、年末調整なので年間で徴収された税金の調整を行う。(税金が戻ってくる可能性もあり)

>1、今回の場合は源泉徴収ができてなかったため、令和3年3月に個人で確定申告(月30万年間360万の所得)をして各種税金の納付。

→ 結果的にそうするしかないのですが、源泉徴収が出来ていなかったことが帳消しになるという意味ではないので誤解しないでください。

>2、令和3年4月に給与支払事務所の設置届出を提出。4月の役員報酬から源泉徴収をし会社側から税金の納付。

→ 給与支払事務所の届出は給与支払い開始前に出すものなので、今年の4月の提出で問題無いかどうかは何とも言えないです。

源泉徴収はそもそもしなければならないので1月から(厳密には給与支払い開始月からずっとですが)必要です。

3、源泉徴収は所得、社会保険、住民税など徴収して会社側で納付。個人で3月に申告するのは、年末調整なので年間で徴収された税金の調整を行う。(税金が戻ってくる可能性もあり)

→ 年末調整は3月ではなく、12月末又は1月頭に行います。

2~3月に行うのは確定申告であって年末調整ではないです。

ちなみに納付特例を受けている場合、1~6月分の源泉を7月に納付し、7~12月分の源泉を1月に納付します。

また、1~12月に支払った報酬と源泉の内容を翌年1月末までに給与支払報告書の形で自治体に、法定調書の形で税務署に申告します。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 20 日 前.
19969;寧にご回答ありがとうございます。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

税金 についての関連する質問