ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1967
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

譲渡所得税で買い替え資産について適用条件はどんなことでしょうか? 福岡県福津市津屋崎です, 売却資産は令和5年新築です

ユーザー評価:

譲渡所得税で買い替え資産について適用条件はどんなことでしょうか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 福岡県福津市津屋崎です
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 売却資産は令和5年新築です

はじめまして。

買換えといってもいくつか種類があるのですが、居住用の買換えのことでしょうか?

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 20 日 前.
12399;い

国税庁HPの解説はコチラ → No.3355 特定のマイホームを買い換えたときの特例|国税庁 (nta.go.jp)

内容重複するので、簡単な表現で説明すると

・譲渡益が発生していなければいけない

・居住を止めた日から3年を経過する日の属する年12月31日までに売却しなければならない

・売却代金は1億円以下

・他の居住用特例との重複不可(適用年の前後2年間においても他の特例使用不可)

・売却資産・買換資産、ともに日本国内にあること

・居住期間が10年以上

・所有期間が譲渡年1月1日において10年超

・買換資産の床面積50㎡以上

・買換資産の土地の面積500㎡以下

・基本的に買換資産は売却年の前年から売却年の翌年に取得する

・買換資産を取得した年の翌年には居住を開始すること

・買換資産が中古の場合は一定の耐震基準等

・親族等への売却は適用無し

・住宅ローン控除との併用不可

また、適用を受けるためには確定申告が必要です。

実際のところ、購入から10年程度の売却であれば、もう一方の居住用の特別控除を利用するケースが圧倒的に多いと思います。

買換えを適用させるのは、先祖代々引き継いでいる自宅のような、「いくらで買ったかわからない自宅」を売却した際に使用することが多いです。

回答ご確認いただいてますでしょうか?

税金 についての関連する質問