ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1643
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

年金生活者です,

ユーザー評価:

年金生活者です
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 年金生活者です。養女(47歳)は個人事業主として生計を別にしていましたが、コロナで職を失いました。このため、3年間専門学校で技術習得させる計画です。このため、住居はことにしていますが、収入はほとんどなく生活支援が必要です。この場合、扶養親族として控除可能でしょうか?よろしくお願いします。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 千葉県柏市です。

はじめまして。

同居している親族については、特段の事情が無い限りは生計一として扱います。

娘さんが所得が無いのであれば扶養親族に該当すると考えて差し支えないです。

「住居はことにしている」というのは同居していないということでしょうか?

であれば、生活費を負担している(預金口座への送金があれば一番わかりやすいですが)のであれば扶養親族と考えて差し支えないです。

質問者: 返答済み 7 日 前.
21516;居していません。今までは、まとめて送金していましたが、12月以降、通学するようになればは毎月送金します。預金口座は決まっています。

生活費の送金実績があるのであれば、生計一なので、所得が無い親族を扶養していることになり、扶養親族に入れて差し支えないです。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問