ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1663
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

9月末に中古の軽自動車を買いました。減価償却をする場合、定額法、定率法のどちらで計算をすればよいでしょうか?また、仕事と

ユーザー評価:

9月末に中古の軽自動車を買いました。減価償却をする場合、定額法、定率法のどちらで計算をすればよいでしょうか?また、仕事とプライベートと両方で使用していますが、仕事が8割くらいになります。この場合、減価償却を含めてどんな計算になるでしょうか。よろしくお願いいたします。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 静岡県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: とくにありません。

はじめまして。

個人事業主の方が減価償却で定率法を採用するには届け出が必要です。

届出をしていない場合は定額法で計算することになります。

青色決算書又は収支内訳書の減価償却明細を見ていただければわかりますが、表の通りに計算していき、事業利用分が8割ならば最後に8割を掛けた金額を減価償却費として記載します。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございました。明確な回答をありがとうございました。単純に8割で計算してよいのかどうかわからなかったので、大変助かりました。減価償却明細に8割ということを示す必要はないのでしょうか?

減価償却明細を見ていただければわかると思いますが、事業供用割合を記載する欄があります。

そこに80%と記載します。

質問者: 返答済み 16 日 前.
20102;解です。ありがとうございました!大変助かりました。

お役に立てば幸いです。

よろしければ画面上の星マークで評価いただけると助かります。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

評価ありがとうございます。

税金 についての関連する質問