ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1663
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

税制の話なんですが。青色申告者だと、30万まで経費になるじゃないですか?

ユーザー評価:

税制の話なんですが。青色申告者だと、30万まで経費になるじゃないですか?
この時、税込か税抜かは、普段採用している消費税の経理処理方式によって変わるとあるんですが、具体的に何をしていたら「税込経理」になるのかわかっていなくて……。というのも、例えば普段自分がクライアントに出している請求書は、税抜価格で出して最終的に税を乗っけて出しているから、こちらの計算としては税抜だと思うんです。
しかし、領収書なんかは普通税込で書かれていて、それをそのまま経理ソフトに入れているから税込です。

はじめまして。

請求書の発行の仕方と税込経理・税抜経理は関係ありません。

消費税の免税事業者は全て税込経理で、税抜経理は出来ません。

消費税の課税事業者になった場合に税抜経理を選択できます。

消費税の課税事業者になるほどの規模の事業を行っている場合、会計ソフトを使用して帳簿を作成していることが多いです。

その場合、ソフトの設定で「税込経理・税抜経理」の切り替えが出来ます。

税抜経理の場合、まず勘定科目が変わります。

税込経理の場合に認識しなかった、取引の消費税分について、「仮払消費税・仮受消費税」という勘定科目を使用することになります。

仕訳の切り方もその分だけ変わります。

よろしくお願いいたします。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 20 日 前.
12354;りがとうございました!

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

税金 についての関連する質問