ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1643
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

家賃の経費扱いなんですが、私、法人化してから今の賃貸の契約を法人として契約し直していませんでした。今から契約し直しても、

ユーザー評価:

家賃の経費扱いなんですが、私、法人化してから今の賃貸の契約を法人として契約し直していませんでした。今から契約し直しても、それまでの家賃分は経費扱いにはできませんか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: もしできない場合、一部でもいいので経費扱いにできる方法はあるか知りたいです
質問者: 返答済み 17 日 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 17 日 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。

はじめまして。

>私、法人化してから今の賃貸の契約を法人として契約し直していませんでした。今から契約し直しても、それまでの家賃分は経費扱いにはできませんか?

→ 出来ません。

法人に契約しなおした後も、事業用に使用していない部分(どちらにも使ってますは認めてもらえないので事業専用以外の部分)については給与扱いにされてしまうので、会社に家賃相当額(税務上の適正家賃のことを言っているので実際の家賃より低いです)を支払う方が良いです。(給与天引きで構いません)

よろしくお願いいたします。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
36820;信ありがとうございます。承知しました。
法人として契約していない期間に関しては、家賃の一部を経費扱いにすることも不可能でしょうか?

どういう理由で経費にするかと言う話になると思います。

少なくとも個人と法人との間で何かしらの契約や取り決めがあり、それが法人の業務において法人が負担すべきことが合理的かつ一般的でないと難しいと思います。

しかも過年度のものとなると、今年計上するとなれば時期が違うという問題も起こります。

否認された場合のことを考えると、次の給与改定時期に合わせて(負担させたい分の家賃相当額の)給与の値上げをすることを勧めます。

(クライアントから相談あった場合についてもそのように伝えます)

給与で払った場合、個人で所得税が発生してしまうので嫌がるお客様多いです。

なので、「これからちゃんと契約者を変えて家賃設定したうえで処理しましょう。これからは経費になるし、税金も増えないのだからいいじゃないですか」と説得しますね。

税金 についての関連する質問