ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
zeikinに今すぐ質問する
zeikin
zeikin, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 132
経験:  大阪で経営者の税務顧問、経営相談を行なっています。
71406244
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
zeikinがオンラインで質問受付中

本年4月に申告した2019年分確定申告では証券取引おける譲渡損失を計上し、3年間損失繰越を実施する予定でしたが、今月末に

ユーザー評価:

本年4月に申告した2019年分確定申告では証券取引おける譲渡損失を計上し、3年間損失繰越を実施する予定でしたが、今月末に転勤で海外へ赴任することになってしまいました。2020年1月からこれまでの證券取引で出た売買益や配当益で源泉徴収された金額を、出国前に準確定申告することで、還付できないか、検討しておりますが、可能でしょうか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪府です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 準確定申告する際に、証券会社発行の書類が必要だと思います。通常の確定申告の際には「年間取引報告書」という書類を証憑とします。証券会社に問い合わせましたが、「年間取引報告書」のような正式書類は期の途中では発行できず、「売買損益明細書」や「配当益税月別明細書」といった書類しか発行できないと言われています。証憑として十分か確認させてください

H31分の確定申告から、年間取引報告書の添付は不要となっておりますね。

国税のほうが証券会社から情報を得ているか、照会をかけるようになったものと思われます。

https://www.nta.go.jp/information/other/tetuzuki_kansoka/index.htm

質問者: 返答済み 8 日 前.
12354;りがとうございます。まずは、準確定申告という手続きで本年10月(期の途中)までの益を申告すれば、還付可能ということですね?次に、その際には特に証憑の提出は不要ということですね?

はい、そうなりますね。

こちらで付表や計算明細書、納税管理人の届出が必要になります。

記載例2 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kokugai/yoshiki/kisai_h31.htm

申告書記載例

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kisairei/2018/pdf/016.pdf

書類の添付省略について

https://www.nta.go.jp/information/other/tetuzuki_kansoka/index.htm

zeikinをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

はい、ありがとうございました。

税金 についての関連する質問