ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
zeikinに今すぐ質問する
zeikin
zeikin, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 134
経験:  大阪で経営者の税務顧問、経営相談を行なっています。
71406244
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
zeikinがオンラインで質問受付中

税理処理について質問になります。 給与対象者1名です。特別徴収時には、休業費用が決定されず

ユーザー評価:

税理処理について質問になります。給与対象者1名です。特別徴収時には、休業費用が決定されず 元の給与金額のまま支給されておりましたが、さかのぼって4月からコロナウイルス雇用助成金(個人申請)にて、休業費用を受け取ることになりました。その場合 6月に提出した特別徴収の計算は年末調整時に修正できるのでしょうか? また、新型コロナウィルス感染症対応休業支援金は非課税になるということですが、個人の口座に入ってくるだ個人の確定申告は不要ということでしょうか?
特別徴収は住民税ですので、給与が増えても変わらないですね?源泉徴収のことですね?
源泉徴収であれば、年末調整にて足りない分を差し引くことになります。しかし12月にまとめてもらうと、インパクトが大きすぎるのであれば、10月以降分から少し多めに源泉徴収するのもいいと思います。個人の休業支援金は非課税なので、確定申告は不要ですね。
質問者: 返答済み 16 日 前.
12372;返答ありがとうございます。当方の質問がずれていたのかもしれませんが、すいません、足りないというか、会社としては給与としてしはらったものが逆になくなる状態です。

失礼しました。

給与を取り消したんですね。

特別徴収の住民税は変わりませんので、そのままです。

支払った給与もそのまま仮払い扱いにして、年末調整で精算するのがいいでしょう。

zeikinをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
26412;件についてのご連絡ありがとうございます。 追加で別項目で質問上げさせていただきます。

税金 についての関連する質問