ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
zeikinに今すぐ質問する
zeikin
zeikin, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 141
経験:  大阪で経営者の税務顧問、経営相談を行なっています。
71406244
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
zeikinがオンラインで質問受付中

個人事業主です。 コロナで自宅で仕事することが増えているのですが、住宅ローンを経費にすることは可能でしょうか。

ユーザー評価:

個人事業主です。コロナで自宅で仕事することが増えているのですが、住宅ローンを経費にすることは可能でしょうか。可能な場合、どの程度の割合が妥当なものでしょうか。
ローンは毎月支払いで手数料もあるかと思いますが、手数料も含めて経費扱いになるのでしょうか。ご確認の程、よろしくお願いいたします。
住宅ローンの支払は経費にできないですね。
しかしその代わり、仕事部屋の分の減価償却費は経費に計上できます。
もしくは住宅ローン控除も使えます。
基本的にはどちらかになります。減価償却は、マンションの場合耐用年数が47年になります。
購入金額に減価償却率0.022をかけた金額を毎年償却していくことになります。
質問者: 返答済み 21 日 前.
12354;りがとうございます。0.022は、マンション全体の減価償却率になりますでしょうか。例えばそのうち一部屋をプライベートと5割くらいの割合で使っている場合は、
1部屋分の割合に加えて、さらに50%にして考えるものでしょうか。それとも、仕事と併用している時点で0.022をかけてしまってよいのでしょうか。約3000万で購入していた場合、毎年66万が経費扱いになるということでしょうか。
3000万×0.022=66万
66万×1部屋分の割合=経費に計上する減価償却
になります。50%なら、33万が経費ですね。
zeikinをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 21 日 前.
25215;知しました。ありがとうございます!
大変助かりました。

はい、ありがとうございました。

税金 についての関連する質問