ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
zeikinに今すぐ質問する
zeikin
zeikin, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 133
経験:  大阪で経営者の税務顧問、経営相談を行なっています。
71406244
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
zeikinがオンラインで質問受付中

パパ活で得たお金は贈与税?所得税?

ユーザー評価:

パパ活で得たお金は贈与税?所得税?
パパ活で同じ方から、デートの対価(月3回会っています)として月18万(2020年1月〜)いただいております。
年間で216万受け取った事になると思いますが、この場合贈与税でしょうか?
贈与税だとすれば、来年の確定申告の際に216万にいくら課税されますでしょうか?また、確定申告した年の保険料や住民税が高くなってしまったりするのでしょうか?ご回答をお待ちしております。

基礎控除110万を引いた残りが、年間200万までは、贈与税率は10%ですので、贈与税は21万ほどですね。

これは給与や事業ではないので、所得にはならないので、保険料や住民税は高くはならないですね。

質問者: 返答済み 19 日 前.
12487;ートの対価ならば所得税になるという意見もありますが、贈与税として確定申告しても税務署から何か言われたりはされないでしょうか?

デートが事前の契約によっていれば、業務委託として事業所得や雑所得になるかと思います。

契約といっても口頭でOKです。

事前に金額と、内容が決まっていれば、事業所得や雑所得として、収入から必要経費を差し引いて申告することになりますね。

ちなみに雑所得とした場合、経費が一切ない場合の所得税と住民税率は15%になります。

基礎控除48万があるので、それを引いて税率をかければ、25万ほどですね。

経費が多くあるのであれば、雑所得として申告したほうが有利になりますね。

zeikinをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問