ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
zeikinに今すぐ質問する
zeikin
zeikin, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 137
経験:  大阪で経営者の税務顧問、経営相談を行なっています。
71406244
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
zeikinがオンラインで質問受付中

中国企業に就職してます。3000万円以上の収入なので法人化し節税したい。具体的な方法を知りたい。 新潟県です。

質問者の質問

中国企業に就職してます。3000万円以上の収入なので法人化し節税したい。具体的な方法を知りたい。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 新潟県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特にありません。
投稿: 25 日 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  zeikin 返答済み 25 日 前.
まずは会社と業務委託契約に変更できるか、確認が必要ですね。
質問者: 返答済み 25 日 前.
12381;れは出来ます。問題は、中国で会社を登記するか、日本で登記するか?損得を教えて頂きたい。
専門家:  zeikin 返答済み 25 日 前.

税率だけで考えると、中国の法人税の実効税率は25%です。

日本は利益によって変わり、

~400万 25%

400万~800万 27%

800万~ 34%

といった感じです。

税以外にも社会保険についても検討が必要でしょう。

中国での設立となると、現地の会計・税務に詳しい会計事務所との契約が必須になるでしょう。

それらをトータルで検討することになります。

とりあえずは日本で設立し、中国を含めた香港・シンガポールでの法人設立のメリット・デメリットを検討するというのがやりやすいのではないかと思いますね。

質問者: 返答済み 25 日 前.
29694;在、中国に税金を払っていますが、日本で法人を作っても、その収入を得る際に所得税が掛かるので困っています。結局一番良い方法は何になるのか?
専門家:  zeikin 返答済み 25 日 前.

いずれにせよどこかで税金は払う必要がありますので、日本の会計事務所と、中国の会計事務所、それぞれにご相談に行き、具体的に比較検討するのがいいでしょうね。

質問者: 返答済み 25 日 前.
26085;本の会計事務所で本件の様な、外国案件を扱って貰えますか?もし、ご存じであれば、教えて下さい。
専門家:  zeikin 返答済み 25 日 前.

こちらのサイトから、外部へのやり取りや契約への誘導は、おそらく禁止事項の対象になると思われます。

中国、法人設立、などのキーワードで、取り扱っている会計事務所を検索して、いくつか相談してみるのがいいと思われますね。

いくつか相談することで、客観的な事実がわかると思います。

税金 についての関連する質問