ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1409
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

持ち家をマンションに買い替えたいと思います。持ち家を売却した場合の税をマンションを買ったことで税を少なくしたいと思います

ユーザー評価:

持ち家をマンションに買い替えたいと思います。持ち家を売却した場合の税をマンションを買ったことで税を少なくしたいと思います。家の売却とマンションの購入は時期的に前後しますが、時期的なずれがどの程度になっていれば、適用が可能でしょうか。よろしくお願いします。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 愛知県豊田市です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 持ち家は私名義ですが、購入するマンションは妻との共同名義にしたいと思います、私は現在78才です。

はじめまして。

居住用の買換えの特例の適用をしたいということかと思います。

ただ、そもそも適用させる必要があるのかどうかの検討が必要と思います。

適用を受けない場合の税額がどれくらいになるのかについては検討済みでしょうか?

なお、買換えの特例を適用させる場合、新しい住居の購入は原則として売却から1年以内に行います。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 22 日 前.
38263;期(5年以上)居住不動産で、売却予想金額は4500万円で控除3000万が適用されるとし、取得金額は45年も前ですので証拠が残っていませんので、譲渡所得金は1500万とし、20%程度の所得税が予想されると思います。住居移転の手順はまづマンションを購入し、移転します。その後1年以内に居住用不動産が売却できればいいのですが、1年以上後に売却になる買い替特例が適用できないのでしょうか。また特例にはマンションの不動産取得税の免除も含まれるのでしょうか。よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 21 日 前.
38263;期(5年以上)居住不動産で、売却予想金額は4500万円で控除3000万が適用されるとし、取得金額は45年も前ですので証拠が残っていませんので、譲渡所得金は1500万とし、20%程度の所得税が予想されると思います。住居移転の手順はまづマンションを購入し、移転します。その後1年以内に居住用不動産が売却できればいいのですが、1年以上後に売却になる買い替特例が適用できないのでしょうか。また特例にはマンションの不動産取得税の免除も含まれるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

遅くなりまして申し訳ありません。

1、「その後1年以内に居住用不動産が売却できればいいのですが、1年以上後に売却になる買い替特例が適用できないのでしょうか。」

→ 取得年の翌年中には売却する必要があります。

譲渡する年の前年1月1日から譲渡した年の12月31日までの間に取得するのが原則です。

取得が遅れる分には譲渡した年の翌年12月31日までの取得であれば適用されます。

2、「不動産取得税の免除も含まれるのでしょうか」

→ 不動産取得税の話と所得税の特例は全く関係無いです。

ただ、自宅の取得であれば不動産取得税はかからないことが多いとは思います。

買換えの特例を適用させない場合の譲渡益の考え方についてはおっしゃる通りです。

ただ買換え資産を奥様との共同名義にするとなると、課税部分が増えてしまうのでどこまで得なのかはわかりません。

※適用対象は譲渡した人が取得した部分のみです。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問