JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 1287
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

現在個人事業主として65万円青色申告特別控除を利用しています。 この度新規に合同会社を設立する予定です。

ユーザー評価:

現在個人事業主として65万円青色申告特別控除を利用しています。
この度新規に合同会社を設立する予定です。
その合同会社の事業は不動産(アパート)の賃貸行です。
私は今までと同じ個人事業に加えて合同会社から給料をもらう予定です。質問1 個人事業の青色申告特別控除は引き続き利用できますか。質問2 合同会社が不動産を購入する資金を私個人が貸す場合に金利を取れますか。質問3 築22年以上の中古アパートを購入する予定です。
耐用年数を超えた中古建物の減価償却は4年となっています。
年間の原価償却費が年間の家賃収入より高くなります。
4年間はマイナス決算になります。
4年間のマイナス分を5年目以降に繰り越しできますか。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 愛知県
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません
質問者: 返答済み 14 日 前.
36074;問3
   築22年以上の中古アパートを購入する予定です。
   耐用年数を超えた中古建物の減価償却は4年となっています。
   年間の原価償却費が年間の家賃収入より高くなります。
   4年間はマイナス決算になります。
   4年間のマイナス分を5年目以降に繰り越しできますか。

はじめまして。

1、「個人事業の青色申告特別控除は引き続き利用できますか。」

→ 変わらず事業を継続しているのであれば利用できます。

2、「合同会社が不動産を購入する資金を私個人が貸す場合に金利を取れますか。」

→ 取れますが、個人の雑所得になり所得税がかかるので取らないケースが多いです。

3、「4年間のマイナス分を5年目以降に繰り越しできますか。」

→ 赤字の繰越は現行では10年出来ます。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問