JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 952
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

会社員(給与所得者)なのですが、2019年は親からの贈与税があり、その分の確定申告は行ったのですが、改めて、ふるさと納税

ユーザー評価:

会社員(給与所得者)なのですが、2019年は親からの贈与税があり、その分の確定申告は行ったのですが、改めて、ふるさと納税分の確定申告も必要ということに気づきました。(これまではワンステップ納税を利用)この場合はどのような手続きをすべきでしょうか
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 贈与税の確定申告と納税は既に完了しております。
質問者: 返答済み 4 日 前.
20808;ほどの質問に追加ですが、eltaxなどのオンライン申請は設定が不足しているのでできません。また、税務署に出向く時間もないので、自宅で作成し、郵送手続きの方法を希望します

はじめまして。

1、「改めて、ふるさと納税分の確定申告も必要ということに気づきました。」

→ 贈与税の申告とふるさと納税は関係しません。

ワンストップ特例を使用するのであれば、ふるさと納税のためだけに確定申告が必要ということは無いです。

贈与と重なる話というと、住宅ローン控除の適用のために確定申告が必要になるケースはあり、その申告にふるさと納税についても記載が必要と言うのはあります。

2、「また、税務署に出向く時間もないので、自宅で作成し、郵送手続きの方法を希望します」

→ 国税庁HPの作成コーナーで作成して印刷可能です。

この方法が一番簡単と思います。

手書きの作成で税務署に行かずに自力に作成となると無理だと思います。(税理士もソフト利用して作成しますから)

よろしくお願いいたします。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
65298;019年のふるさと納税をワンストップ特例で申告済みであれば、あらためての確定申告(還付申請)は必要ないということでしょうか? 贈与税があって確定申告をした場合は、ワンストップ特例を利用していても、改めて確定申告で申請をしなければならないという記事をみました。

ふるさと納税は所得税の寄付金控除と住民税の寄付金控除の適用を受ける制度です。

ワンストップ特例はすべて住民税から控除する特例で、所得税の確定申告をしてしまうと適用されなくなるので、所得税の確定申告の寄付金控除として適用させる必要があります。

贈与税の確定申告は無関係です。

すでにお伝えしていますが、贈与税の住宅取得資金の非課税の適用を受ける為の申告をした場合、所得税の住宅ローン控除を併用するケースが多く、住宅ローン控除の申告をするためには確定申告が必要になり、ワンストップ特例の適用が無くなります。

そのことについて書かれた記事では無いでしょうか?

税金 についての関連する質問