JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 965
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

こんにちは, 中安と申します,

質問者の質問

こんにちは
JA: こんにちは、どういった事でお困りですか?
Customer: 中安と申します
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 2019年の給与所得230万、2018年大阪市で開業のエステサロンの個人事業主としての所得102万でこれから確定申告をする予定です。経費を差し引くと120万くらいの所得申告となります。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今回のコロナによる給付金はどこまで出るのか、103万を超える超えないでどれだけ税金がかかるのか教えていただきたいです
投稿: 12 日 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  specialone 返答済み 12 日 前.

はじめまして。

持続化給付金の計算に所得は関係ありません。

また、給与所得も関係しません。

事業所得の収入金額を基準に計算します。

青色申告と白色申告で給付額の計算方法も変わりますが、どちらでしょうか?

また所得が102万円として、所得税は所得金額から所得控除を引いて計算するので、

・扶養親族の有無

・2019年に支払った社会保険料

・控除の対象となる生命保険料・地震保険料

・障害の有無

・配偶者の有無、離婚・死別の有無

について教えていただけますでしょうか?

質問者: 返答済み 10 日 前.
30333;色申告です
扶養家族なし、社会保険には入ってません
国民健康保険79787円
生命保険料146268円経費や38万円の控除を差し引いて103万円以下非課税になるように申告希望です
専門家:  specialone 返答済み 10 日 前.

1、「経費や38万円の控除を差し引いて103万円以下非課税になるように申告希望です」

→ 収入から経費を引いた金額が所得です。

所得から所得控除額を控除した金額に対して税率を掛けて所得税が計算されます。

所得控除を差し引いた金額が103万円だと非課税にはなりません。

所得税がかからなくなるのは所得金額が所得控除を下回る場合です。

なので、仮に所得(収入-経費)が102万円だとすると、ご回答いただいた保険料を考慮すると課税所得が52万円になります。

※生命保険料は新生命保険料の一般分のみと仮定してます。

そうすると所得税が復興税合わせて26,546円です。

持続化給付金の受給額は2019年の年間売上と2020年の月売上で最も低い月の金額がわからないと計算出来ません。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12381;もそも知識がないのですが
確定申告にあたり
103万円を超える超えないで税金が大きくかわると聞きますがなにがどのくらいかわるのですか?
専門家:  specialone 返答済み 10 日 前.

103万円といっているのは給与所得の収入金額の場合の話です。

例えるならサラリーマンやパートなど、雇用されて働いている人達の給与の額面金額のことです。

給与所得の場合は給与所得控除額と呼ばれる概算経費のようなものが65万円あり、それとは別に基礎控除38万円があるため、この合計103万円を超えなければ扶養からはずれないということです。

超えると扶養から外れることになるので、扶養に含めていたご主人だったり、ご両親の税額が増加します。

場合によっては本人も所得税の納税が必要になります。

すみませんが、当初の質問と逸れてしまいます。

基本的には一つの質問について一つの投稿なので、ご了解いただけると助かります。

質問者: 返答済み 10 日 前.
30003;し訳ありません
最後に
給与所得と事業所得合わせた収入額から経費と基礎控除を引いた額を所得として確定申告しますよね
この金額により税金が変わる、いくらから変わりますか?
持続化給付金の件は解決しました
専門家:  specialone 返答済み 10 日 前.

税金が変わるというのは、給与所得から源泉徴収されている税額と比べてということでしょうか?

であれば、

・給与所得の金額(230万円でいいでしょうか?)

・源泉徴収されている所得税額(比較の元になる税額です)

・事業所得(102万円でよろしいでしょうか?)

を教えていただけますでしょうか?

少し計算にお時間下さい。

専門家:  specialone 返答済み 10 日 前.

「いくらから変わりますか?」という話であれば、給与所得が230万円で年末調整がされているの方の場合、給与以外の所得金額が20万円を超えると確定申告義務が発生します。

上記の前提で、さらに、持続化給付金の申請のために義務が無い状態でも申告すると仮定すると、給与以外の所得が1000円以上あると所得金額が増加して税額が増えます。(20万円分控除するという意味ではなく、あくまで申告しなくて良いですという限度額なので)

専門家:  specialone 返答済み 7 日 前.

増加税額計算するのであれば、上記の項目について教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

税金 についての関連する質問