JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 708
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

昨年5月に会社を退職したものです。 山口県下関市です,

ユーザー評価:

昨年5月に会社を退職したものです。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 山口県下関市です
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 会社を退職した時、退職金5238千円と確定給付企業年金3177千円 加えて数年前から障害者手帳を持っていたので確定拠出年金障害給付金(一時金)2242千円を頂きました。これは確定申告しなくてはいけないのですか?

はじめまして。

 

原則として退職所得については退職時に退職金の支払い先に退職所得の受給に関する申告書を提出していれば、適正な税額が源泉徴収されているので申告は不要です。

 

ただ、ご質問のように2カ所(退職先と年金機構)から退職金が支払われるケースにおいては、退職所得控除額の計算の関係で確定申告が必要になるケースがあります。

 

確定申告が必要な場合、退職先又は年金機構からその旨の通知等があるはずです。

他の確認方法としては、それぞれの支払先から退職所得の源泉徴収票が交付されていると思います。

源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額が、支払額の約20%になっている場合は、退職所得の受給に関する申告書が提出されていない状態であるため、確定申告をして還付を受けることになります。

 

なお、障害者給付金については所得税はかかりません。

 

よろしくお願いいたします。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問