JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 723
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

色々と調べたのですが、全く分からないです。 福岡県です。 今、金欠で税理士さんに頼む余裕がないです。

ユーザー評価:

色々と調べたのですが、全く分からないです。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 福岡県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今、金欠で税理士さんに頼む余裕がないです。
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート( info@justanswer.jp) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。

はじめまして。

どのようなご質問でしょうか?

質問者: 返答済み 7 日 前.
確定申告ってどんな人がしないといけないんですか?
何をしたらいいんですか?

1、確定申告ってどんな人がしないといけないんですか?

→ 所得が年間38万円を超える人は確定申告をしなければなりません。

所得というのは収入から必要経費を控除した金額です。

例えば、八百屋さんの場合、野菜を100万円売ったとします、売るためには野菜を買ってくる必要があり、買って来た金額が50万円とします。そうすると所得は100万円-50万円=50万円です。

 

ただし、サラリーマンのような会社に雇われて働いている人の場合は、年末調整をされているなら確定申告の必要はありません。

 

2、何をしたらいいんですか?

→ 確定申告書を作成します。

不動産の賃貸や何か自分で商売をしているような人は申告書の作成の前に、青色決算書又は収支内訳書の作成をします。

作成は国税庁HPの作成コーナーの利用が簡単です。

それでも難しい場合はお住まいの所轄税務署が作成相談会場を設置していると思うので、そちらを利用することになると思います。

質問者: 返答済み 7 日 前.
登録制バイトの掛け持ちをしているのですが、
確定申告をするのに必要なものは何ですか?

バイトであればお給料として支払われていると思います。

12月又は1月に「給与所得の源泉徴収票」というものをバイト先から交付されているはずです。

確定申告書を作成するのにそれが必要です。

勤務先ごとに1枚ずつ交付されているはずです。

 

質問者: 返答済み 7 日 前.
税金が引かれないところがあるので、
そこの合計の所得が38万超えていれば
必要だということですよね?
源泉徴収票だけあれば、確定申告出来るってことですか?

1、税金が引かれないところ

→ 雇用契約ではないという意味である可能性があります。

そうすると給与所得では無いので、雑所得か事業所得になります。(※お話を聞く限り雑所得なのかと思います)

 

2、そこの合計の所得が38万超えていれば必要だということですよね?

→ 収入-経費=所得なので、例えばその仕事をするためにかかった交通費等の費用があるなら、「支払金額-交通費等の費用」が38万円を超えたら確定申告必要です。

 

3、源泉徴収票だけあれば、確定申告出来るってことですか?

→ 雑所得の金額も記載するので、給与以外の収入の金額とその収入に対応する費用がわかっていれば後は源泉徴収票だけで資料は足ります。

あとは、年金保険料の支払いがあれば年金保険料控除証明、国民健康保険料を支払っているならその支払い金額がわかるもの、があれば税金減ります。

質問者: 返答済み 7 日 前.
給与以外の収入の金額とその収入に対応する費用って、何ですか?

給与であれば「給与所得の源泉徴収票」と書かれたものが交付されるはずです。

「税金がひかれないところ」というのは雇用契約ではない(よって「給与」ではない)支払なのかと思います。

※支払先に確認しないとわかりません。

 

なので給与以外の収入とはその給与でなく受け取ったお金の金額です。

この場合、「支払調書」という紙であったり、「精算明細」みたいな名称で金額だけが通知されているのではないかと思います。

 

その収入に対応する費用と言うのはすでに述べたように、仕事に行くためにかかった交通費とかです。

何も費用が掛かっていないのであれば支払われた金額が所得です。

質問者: 返答済み 7 日 前.
経費(交通費、ケータイ代なと)は、
領収書がなければダメですか?
また、交通費やケータイ代は全額、
経費として落とせるんですか?

交通費は、乗った日付、区間(当然、自宅から仕事先になりますが)、料金を一覧にしておけばいいです。

携帯料金は少なくとも料金明細は必要です。

 

全額落とせるかどうかはわかりません。

あくまで仕事で使用した分のみです。

仕事の内容によって変わると思います。

仮に、一日中電話するような仕事であれば1カ月のうちの仕事をした日数分が経費になると思われます。

雑所得の場合は「仕事でも使ってます」という経費は難しいとは思います。

specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 723
経験: dasdasd
specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

 

税金 についての関連する質問