JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 435
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

固定資産の計上について質問してもよいでしょうか。 はい。福岡県福岡市です。

ユーザー評価:

固定資産の計上について質問してもよいでしょうか。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: はい。福岡県福岡市です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 正確に質問すると、「耐用年数を過ぎた中古家屋を相続した場合、固定資産として計上すべきでしょうか。するとしたら、取得価額や減価償却はどのように考えればよいでしょうか」という質問です。
質問者: 返答済み 10 日 前.
質問の物件は、亡くなった父(被相続人)が、1999年8/23に2272万円で購入したものです。1981年3/30築なので、購入時点ですでに18年が経過していたことになります。この家を相続したのは、2016年の9月です。
質問者: 返答済み 10 日 前.
中古資産の耐用年数No.5404を参照しますと、(1)法定耐用年数から経過した年数を引く=4、(2)経過年数の20%を足す。+3、耐用年数は7年ということになり、相続した時点ですでに耐用年数を過ぎていることになります。
質問者: 返答済み 10 日 前.
今年初めて、青色申告をするので、会計ソフトに必要データを入力していたさい、サポートから、「相続した家であっても、取得価額や未償却残高が0ということはありえないので、近くの税務署に相談するように」と言われました。でも、どう考えても、減価償却はできないように思えます。このようなケースでも、固定資産として計上する必要があるのでしょうか。
質問者: 返答済み 10 日 前.
昨年の1月までは、相続したこの家に自分が住んでいました。2月から人に貸し出し、賃貸料が入ってきているので、この固定資産を計上すべきかという質問が生じています。以上です。

はじめまして。

 

① 固定資産として計上すべきか

1円でも計上はしておいた方が良いです。

 

② 中古資産の耐用年数について

これは事業用の耐用年数のことです。

非業務用(要は自宅利用)の場合の耐用年数は通常の1.5倍で計算します。

それでも相続時点において耐用年数を経過しているわけですが、非業務用資産の減価の額は95%までしか計算しません。未償却残高が取得価額の5%は必ず残ります。

よって、購入額2,272万円の場合、賃貸開始時点の未償却残高は113万6千円になります。

 

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
的確な回答をありがとうございます。専門家に教えてもらわなければ、一人ではけして解決することのできない問題でした。会計ソフトにも入力することができました。相談して良かったです。

お役に立てば幸いです。

評価ありがとうございます。

税金 についての関連する質問