JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 435
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

教えていただきたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?父から振り込まれたお金が、相続税と贈与税の、どちらの,

ユーザー評価:

教えていただきたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?父から振り込まれたお金が、相続税と贈与税の、どちらの
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 新潟県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 途中で切れていますので続きです。
質問者: 返答済み 11 日 前.
昨年、母が亡くなりました。母の名義の預貯金を父が一旦まとめて受け取り、私は父から(父の名義で)お金を800万円受け取りました。これは、相続税と贈与税、どちらの対象になるのでしょうか?
父の名義で振り込まれたので、贈与税の対象となるのでしょうか?
もしそうなら、これを今から相続税の対象にするように変更はできないのでしょうか?

はじめまして。

 

「お母様の相続によりお母様の相続財産を分割し、分割手続きの一環として一度お父様単独で預金の名義変更を行い、その後分割協議の内容に従ってお父様からお母様の相続財産のうち800万円を受け取った」ということであれば、このお金は相続税の対象です。

 

上記と異なり、お母様の相続とは無関係にお父様から金銭を受け取ったというのであれば贈与税の対象です。

 

この2つの差は分割協議書の内容により判断します。

分割協議書により、質問者さんが800万円を受け取ることが決まっていたのであれば相続による財産分割として受け取った800万円だということが明らかです。

 

銀行への手続き等に附随して、分割協議書を作成している可能性があり、その協議書において例えば「預金は全てお父様が取得する」ような協議が成立しているとすると、預金を相続で得たのはお父様ということになり、お父様から受け取ったお金は贈与税の対象ということになります。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
迅速なお返事ありがとうございます。父に確認しました所、分割協議書は作成していないとのことでした。
ただ、お金は先月振り込まれたばかりなので、今からでも分割協議書を作って相続税とすることは可能なのでしょうか?

「今からでも分割協議書を作って相続税とする」と言われると同意しかねます。

 

協議そのものは「お母様の預金のうち800万円を質問者さんが受け取るという形で成立していた」ということであれば今から分割協議書を作ることについては問題無いと思います。

というか、相続人の間で問題になることを避ける意味でも分割協議書は今からでも作成しておいた方が良いです。

税務的な問題とは別の意味合いで重要な書類です。

税金 についての関連する質問