JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 377
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

はじめまして。フリーランスのシステムエンジニアをしております。

ユーザー評価:

はじめまして。フリーランスのシステムエンジニアをしております。契約書に印紙税が必要か否かを質問させて頂きます。新たな取引先より「業務委託基本契約書」というものを作成するので記名押印してほしいと言われました。双方が記名押印したものを2部作成してそれぞれ1部を保有するものです。契約は「準委任契約」です。私が印紙は要らないのか尋ねると,取引先の担当者は印紙は不要と言っていました。本当に印紙税は不課税なのでしょうか? この他に個別の注文書があり,注文書は1ヵ月あるいは3ヵ月ごとに作成し,どちらかが解約を申し出ない限りは自動更新です。私はこの「業務委託基本契約書」は「継続的取引の基本となる契約書」(7号文書)に該当して4000円の収入印紙が必要なように思います。脱税でペナルティーを受けて,3倍納めるように言われると厳しい金額になってしまいますので,よろしくお願いいたします。

はじめまして。

 

断言は難しいのですが、委任契約であれば印紙は不要です。

取引先の担当者の方がおっしゃっているのはこれを根拠としていると思います。

 

ただし、「委任契約」というタイトルで作成した場合であっても、契約内容の実質が請負契約である場合は請負契約とみなされて印紙税の対象とされる可能性があります。

この辺は、非常に微妙な問題になるのでケースバイケースです。

例として、

税理士の顧問契約は委任契約です。

ただし、税理士との顧問契約には申告書作成業務が含まれており、これは申告書という成果物を引き渡すことが業務内容となっています。

このため、税理士の顧問契約書は請負に関する契約とされており、印紙を貼る必要があるとされています。

 

また、ご指摘の「継続的取引の基本となる契約書」については、保険の代理店契約のようなものを想定しているため、他の業種の契約が該当してしまうことは稀です。

※通常はそれほど複雑な契約にしないことが多いので、請負に関する契約に該当することがほとんどです。

 

不安なようであれば、「高い印紙を貼っておけば指摘されることは無い」という考え方もあります。

はっきりとした回答が難しい問題です。

ご希望に添えるかわかりませんが、よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 13 日 前.
ご回答ありがとうございます。やはり微妙なケースなのですね。私は税務調査で純粋に請負の要素がないと立証できる自信はないので、ご助言どおり4000円の印紙を貼っておきます。

お役に立てば幸いです。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

評価ありがとうございました。

質問者: 返答済み 13 日 前.
こちらこそ、適確なご助言ありがとうございました。

税金 についての関連する質問