JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 366
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

税金のかからない範囲で贈与を考えています。その場合の贈与契約書に印紙は必要ですか?ただ単に、契約書を2枚作り、実印を押し

ユーザー評価:

税金のかからない範囲で贈与を考えています。その場合の贈与契約書に印紙は必要ですか?ただ単に、契約書を2枚作り、実印を押しておき、それぞれ保管しておけばよいですか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 千葉県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: もう一つ質問です。保険料の支払を毎年110万円以下で親が払う場合、その際にも贈与契約書は残しておいた方がよいですか?

はじめまして。

 

①印紙

贈与契約においては、不動産の贈与を除き、印紙は不要です。

 

②契約書を保管しておくだけか

贈与契約の内容次第ですが、契約に定めてある通りに実行しなければ契約書作っても意味がありません。

また、「毎年~円ずつ、~年間贈与する」のような内容の場合だと、契約書作成した際に数年分の贈与が確定していると判断され、一括した贈与とされる可能性があります。

 

③保険料の支払いを親が支払う

この場合は毎年の贈与とはされません。

保険は保険料を払った時点ではなく、保険事故が発生(死亡した場合や満期になった場合)した時点で贈与成立とされます。

例えば満期になり、1千万円の満期金が支払われるとし、保険料の半分を本人以外の人が負担していたとします。

そうすると満期になったタイミングで1千万円の満期金のうちの半分が贈与されたという形で贈与税が計算されます。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問