JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 365
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

住民票を抜いて、海外に半年ツーリストビザで滞在します。 海外に一時的にいることになりますので、

質問者の質問

住民票を抜いて、海外に半年ツーリストビザで滞在します。
海外に一時的にいることになりますので、
仕事もリモートで行い、来年の確定申告はオンラインで行います。
住民税はなくなると思うのですが、
そのほかの納税項目はどうなるのでしょうか?また源泉徴収の原本の受け取りはどうなるのでしょう?
国内の実家に送るなどは可能なのですが、中身が確認できないので、データをクライアントの方にお送りしていただくのでしょうか?宜しくお願い致します。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: また別ですが今年の2月に行われた確定申告に間に合わず、
今月に還付申告を行う予定ですが、
書類が揃っており、入力済みの場合
オンラインでどのくらいの時間がかかるでしょうか?現在マイナンバーの手配中で、どのくらいかかるのかが気になっておりました。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  Jie-mod 返答済み 2 ヶ月 前.
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。
専門家:  specialone 返答済み 2 ヶ月 前.

はじめまして。

① そのほかの納税項目はどうなるのでしょうか?

とりあえず所得税に関しては、国内源泉所得については非居住者であっても確定申告が必要です。

② また源泉徴収の原本の受け取りはどうなるのでしょう?

一般的には、出国時(非居住者となるタイミング)に自治体に対して納税管理人の届け出をします。

日本国内の取引先も取引の関係上、源泉徴収票等の税務関係書類の送付先として納税管理人について聞いてくることが一般的と思います。

なので、受け取りは納税管理人になります。

中身の確認の問題については、クライアントと質問者さんであったり、納税管理人と質問者さんとの間で解決することになると思います。

データを送ってもらうというのも解決方法の一つと思います。

③今月に還付申告を行う予定ですが、書類が揃っており、入力済みの場合オンラインでどのくらいの時間がかかるでしょうか?

一般的に還付金の申告書受領から実際の還付金交付までの期間の目安が2ヶ月とされています。

オンライン(E-TAX)の場合は書面提出よりも処理が速いとされていますが、税務署の混雑具合によるというのが正直なところです。

④ 補足

質問内容でいくつか気になった点があるのでお伝えいたします。

「住民票を抜いて、海外に半年ツーリストビザで滞在します。」

→ 通常、非居住者となるのは1年以上海外にいることが確実な場合です。

「とりあえず半年のビザを取得し、その後再びビザを取得することが最初から確実」ということであれば非居住者に該当するかと思いますが、半年しか滞在しない前提であれば非居住者とは言えない可能性があります。

また、住民票の所在は居住判定の要素の一つではありますが、住民票だけで居住を判定はしません。

「現在マイナンバーの手配中で」

→マイナンバーは国内に住民票がある個人が対象です。

住民票を抜いたのであれば返納しているはずですし、非居住者になった後に申告をする申告書にはマイナンバーの記載は必要ありません。

よろしくお願いいたします。

税金 についての関連する質問