JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 266
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

母名義の建物を壊し、私名義のアパートを建築するにあたり、取り壊し費用や整地費用は母が出してくれるということになりました。

ユーザー評価:

母名義の建物を壊し、私名義のアパートを建築するにあたり、取り壊し費用や整地費用は母が出してくれるということになりました。母の名前だ私の口座に振り込みがありますが、建築会社からの領収書は私の名前になっている場合、贈与になりますか。その場合、建築会社にかけおい領収書の名前を訂正してもらうことは可能ですか。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 栃木県です。金額は500万です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 母は昨年亡くなり、相続税がかかります。その際、母の通帳に私の通帳への入金記帳があります。
質問のご投稿、誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げ及び返金をご希望の方は、30日間の返金保証期間中に [支払履歴ページ] よりお手続きいただくか、***@******.*** まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
なお、こちら質問上では質問の取り下げ及び返金は受けておりません。予めご了承ください。

はじめまして。

ご質問の内容だけだと贈与に該当するかどうかが判断出来ないというのが正直なところです。

例えば、

① 「当初から質問者さん名義のアパートを建てる目的で、お母様名義の建物の取り壊しを行い、整地費用を支払った」というのであれば、取り壊し費用と整地費用は建築費の一部なので、本来負担すべき人間は質問者さんです。

それをお母様が代わりに負担することにしたというのであれば贈与になると思います。

② 上記の場合でも、「いったんお母様に支払を立て替えてもらっただけ」ということであれば、それは贈与ではなく貸付ということになると思います。

③ また、「そもそも取壊し自体は老朽化により当初から予定されていた話で、壊した後でたまたま質問者さん名義の建物を建てることになった」ということであれば、取り壊し費用は元々の家屋の所有者であるお母様が負担すべきものなので贈与の話はありません。

※この場合、整地費用は壊すだけなら必要ないはずなので、回答できません

既にお母様がお亡くなりということですので、上記の話は数年前のことと思います。

そうすると相続税の計算上どのように反映させるかという話になるので、税理士としては、単純に「贈与」と結論を出すわけにもいかないと思います。

結局のところ、質問者さんが「借りた」という認識であれば貸付ですし(金銭諸費貸借契約書があればはっきりします)、お母様と質問者さんの間で「あげた」「もらった」という認識があれば贈与(贈与契約書があればはっきりします)ということと思います。

質問者: 返答済み 1 月 前.
27597;が亡くなったのは昨年12月、私の通帳に振り込まれたのは昨年3月、金銭諸費貸借契約書はありません。税務署から連絡がないようにするにはどのような手立てがあるのでしょうか?

相続税が発生するということであれば、相続税の申告をすることになると思います。

贈与だというのであれば、生前贈与加算として処理をし。(現時点で調査が無いなら贈与税の申告自体は何も言わない気もします)

貸付だというのであれば貸付金として処理をして下さい。

ただし、適正に相続税の申告をしても調査の可能性をゼロには出来ません。

基本的には相続税の申告は調査になる可能性が高い税目なので、絶対回避というのは不可能です。

質問者: 返答済み 1 月 前.
35519;査が入った場合は、500万円だとどうなるのでしょうか?

そもそも相続税がいくらなのかわからないので、調査入った場合~円という話は出来ません。

質問者: 返答済み 1 月 前.
31246;は900万くらいになります。

相続人が一人だとして900万円の納税ということであれば税率は20~30%のところと思います。

その場合に500万円の財産の計上漏れの指摘があって追徴を受けると100~150万円です。

上記とは別に過少申告加算税が10~22万円程度発生すると思われます。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12371;の場に及んで、借用書を用意するということもよいのでしょうか?

既にお母様はお亡くなりということですよね?

だとすると借用書を用意することは不可能ではないでしょうか?

借用書があったとしても、相続税の申告から漏れていたのであれば取り扱いは贈与の処理漏れとほとんど変わりません。

specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 266
経験: dasdasd
specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

お役に立てば幸いです。

税金 についての関連する質問