JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 339
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

22年前に義兄から土地を買いました。その時の契約書を紛失したので、改めて作成しました。印紙を見れば当時の契約書でないこと

ユーザー評価:

22年前に義兄から土地を買いました。その時の契約書を紛失したので、改めて作成しました。印紙を見れば当時の契約書でないことは分かります。将来売却する際の譲渡益に関わるので、税務署に再作成した契約書を認めて貰うにはどうしたらいいですか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 以上です
質問のご投稿、誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げ及び返金をご希望の方は、30日間の返金保証期間中に [支払履歴ページ] よりお手続きいただくか、***@******.*** まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
なお、こちら質問上では質問の取り下げ及び返金は受けておりません。予めご了承ください。

はじめまして。

お兄様の自署押印があり、お兄様について認知症等の認識能力の問題が無いのであれば、ご質問の通りで差支え無いと思います。

22年前の取引について改めて契約書を作成したことについて、当時の取引が契約書の通りであったのかそうではないのかについては不明のままです。

なので、契約書の通りで無かったことを立証することも難しいと思います。

そうであれば少なくとも当事者の2人が契約書を交わして確認している以上は、その内容を覆すような事実が無い限りは契約書の通りであったと認めざるを得ないのではないかと思います。

ただし、不動産の登記が22年前から変わっていないままということであれば、今契約書を作成して認めてくれと言う話は無理と思います。

基本的には不動産は所有の変更について登記を必要としているので、登記は変わっていないのに契約書が存在しても税務上は登記の変更時点での取引と判断されることが一般的です。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。改めて、当事者間で、契約書を再作成した旨の念書などは不要でしょうか?

契約書を再作成していることは当事者間で明らかなわけですから、念書を作る必要性はよくわかりません。

何を目的に作るのかによると思います。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
32013;得しました。

お役に立てば幸いです。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
31246;務署に行って相談するのは、どうでしょうか?

① ご納得されているにも関わらず、マイナス評価なのはどのような原因があるのでしょうか?

② 税務署に相談に行っても回答は同様と思います。

契約書の再作成自体が問題かと言われれば、「そもそも存在しない契約を後から契約書作成した」というのであれば問題ですが、「原契約を紛失したため、同じ内容で再度作成した」ということであれば、相手先も同意しているわけですから何も問題はありません。

既に指摘した登記の問題が存在するのであれば、税務署に相談に行っても同様の回答になると思います。(もしくは「事実関係が確認できないので回答出来ない」と言われます)

specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 339
経験: dasdasd
specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
25913;めて納得しました。評価変更します。

お役に立てば幸いです。

税金 についての関連する質問