JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 251
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

不動産を処分したのだが、相続したものに対しては、税金が、2割ほどかかるのだが、農地のままだと安く叩かれるので、埋め立てる

質問者の質問

不動産を処分したのだが、相続したものに対しては、税金が、2割ほどかかるのだが、農地のままだと安く叩かれるので、埋め立てることによって、宅地として、売ると少しは高く売るのだが、その時宅地とすることによってかかる経費は、必要経費としてみてくれるか?
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  specialone 返答済み 4 ヶ月 前.

はじめまして。

宅地造成をした上で土地を売却する場合は、造成費用は土地の取得費になります。

必要経費とは若干異なるのですが、収入から控除する項目である点では同じです。

ただし、概算経費の5%と併用は出来ないのでご注意下さい。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
27010;算経費とはなんですか
専門家:  specialone 返答済み 4 ヶ月 前.

失礼しました。

概算経費ではなく概算取得費です。

取得費と言うのは譲渡した試算を取得した際にかかったお金です。

わかりやすい例としては購入代金ですね。

概算取得費というのは、取得費がわからない場合に、収入金額(売却金額に近いです)の5%を取得として計算するものです。

ご質問の埋め立て費用は取得費に該当しますが、埋め立て費用を取得費として計算するということは、概算取得費は使用しないということなので、そのため併用出来ないという話になります。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
20363;えば3000万で売れた土地に対して、実際整地費用として600万円かかったとしても、5%なので150万円しか経費とみてくれないということですか?
専門家:  specialone 返答済み 4 ヶ月 前.

おっしゃる通りです。

ただし、その事例の場合だと実際の取得費である600万円を使う方が有利です。

なので、概算取得費は使わずに、実際の取得費である600万円を使います。

よく、「5%は必ず引ける」と誤解する方がいらっしゃいます。

要は、「実際にかかった600万円+売値の5%」が引ける金額だと考えてしまうということです。

その誤解が無いように「併用できない」と回答させていただきました。

税金 についての関連する質問