JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 194
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

夫が2月28日に亡くなりました。昨年度の高額な医療費の確定申告をしようと準備していたのですが、どうなりますか。どういう手

ユーザー評価:

夫が2月28日に亡くなりました。昨年度の高額な医療費の確定申告をしようと準備していたのですが、どうなりますか。どういう手続きをすればいいですか。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者: 今のところは以上です。

はじめまして。

昨年(平成29年度)の確定申告でも医療費控除の申告をされていたのであれば、手続きそのものは同様です。

ただし、お亡くなりになった方の確定申告を行う場合は、準確定申告になり、付表というものを添付する必要があります。

ご質問の状況からすると還付になるのかと思うので、還付金の受領について相続人の同意書の添付も必要になります。

また今年の1月~2月のご主人の所得に応じて、必要であれば確定申告をする必要があります。

質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。ということは、30年度と31年度1、2月分の確定申告を行うということですね。期日はいつまでですか。確定申告と同じ書式ですか。

どちらの申告についてもお亡くなりになってから4ヶ月以内です。

書式は確定申告と同じですが、1表の確定申告書とあるところに頭に「準」と書き足します。

付表と同意書については国税庁のHPからダウンロードするか、税務署で入手可能です。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問