JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 63
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

交際している相手に多額の金銭を渡しています。これは贈与税の対象にはなりませんか

質問者の質問

交際している相手に多額の金銭を渡しています。これは贈与税の対象にはなりませんか
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  specialone 返答済み 3 ヶ月 前.

贈与税は1月から12月の贈与について計算することになり、基礎控除110万円を超える贈与があった場合は超えた部分の金額に応じて贈与税がかかります。

基本的には贈与は贈与する側に贈与の意思があり、受ける側に贈与を受ける意思があって初めて成立します。

わかりやすく言えば、交際している相手に渡した金銭について返してもらうつもりは無く、相手方も返す意思は無いのであれば贈与が成立します。

また、仮に金銭を渡していたとしても、その金銭が二人の食事や旅行等に使われているのであれば、それは贈与とは言えません。

金銭がそのまま口座に残っていたり、交際相手個人の使途に流用されていた場合には贈与と言う余地はあると思いますが、よほど高額で無い限りは問題にならないと思います。

専門家:  specialone 返答済み 2 ヶ月 前.

特に問題無ければ以上で回答完了とさせていただきます。

税金 についての関連する質問