ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yiw9uに今すぐ質問する
yiw9u
yiw9u, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 104
経験:  東北大学法学部、電力会社法務部
111185689
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
yiw9uがオンラインで質問受付中

中古マンションを購入することになりました。このマンションについて、近いうちにリフォームを施そうと考えているのですが、使え

ユーザー評価:

中古マンションを購入することになりました。このマンションについて、近いうちにリフォームを施そうと考えているのですが、使える補助金や減税特例措置があれば使いたいと思い、調べています。①住宅資金贈与の非課税特例。マンション(省エネ等住宅ではない、一般住宅です)購入の際にも500万の枠を使う予定なのですが、入居後にリフォームをするとなると、さらに最大500万円の枠が増えるのでしょうか。それとも1つの物件に対し上限500万円なのでしょうか(物件購入で500万円贈与の履歴があるとと、別のリフォーム契約をしても制度は使えない?)②壁を抜いてLDKと居室をひとつながりにするようなリフォームや、風呂トイレの入れ替え、壁紙張り替えなどを考えているのですが、こういったリフォーム内容に使える補助金等の制度はありますか?(小さな子供がいる世帯なので、次世代住宅ポイントは使えるのかな、と思ったのですが、対象内でしょうか。他にも何かあればご教示ください)③上で挙げたようなリフォームに係る非課税や補助金は、入居中の物件で対象になるものと思って計画をしていますが、中古マンションを購入することになりました。このマンションについて、近いうちにリフォームを施そうと考えているのですが、これについて使える補助金や特例措置があれば使いたいと思い、調べています。
①住宅資金贈与の非課税特例。マンション(省エネ等住宅ではない、一般住宅です)購入の際にも500万の枠を使う予定なのですが、入居後にリフォームをするとなると、さらに最大500万円の枠が増えるのでしょうか。それとも取得と同じ年度では上限500万円であり使えないのでしょうか。②壁を抜いてLDKと居室をひとつながりにするようなリフォームや、風呂トイレの入れ替え、壁紙張り替えなどを考えているのですが、こういったリフォーム内容に使える補助金等の制度はありますか?(小さな子供がいる世帯なので、次世代住宅ポイントは使えるのかな、と思ったのですが、他にも何かあればご教示ください)③上で挙げたようなリフォームに係る非課税や補助金は、入居中の物件で対象になると思うのですが、できれば購入してから物を運び込みすぎてしまう前にリフォームを始められればと思っているのですが、入居とみなされるために必要なのはどのような要件になるのでしょうか。マンション管理組合への入居の連絡や住民票の移動以外で、何かありますか。中古マンションを購入することになりました。このマンションについて、近いうちにリフォームを施そうと考えているのですが、これについて使える補助金や特例措置があれば使いたいと思い、調べています。
①住宅資金贈与の非課税特例。マンション(省エネ等住宅ではない、一般住宅です)購入の際にも500万の枠を使う予定なのですが、入居後にリフォームをするとなると、さらに最大500万円の枠が増えるのでしょうか。それとも取得と同じ年度では上限500万円であり使えないのでしょうか。②壁を抜いてLDKと居室をひとつながりにするようなリフォームや、風呂トイレの入れ替え、壁紙張り替えなどを考えているのですが、こういったリフォーム内容に使える補助金等の制度はありますか?(小さな子供がいる世帯なので、次世代住宅ポイントは使えるのかな、と思ったのですが、他にも何かあればご教示ください)③上で挙げたようなリフォームに係る非課税や補助金は、入居中の物件で対象になると思うのですが、税務上?「入居している」とみなされるために必要な要件はどのようなものでしょうか。と、言いますのも、住み替えるまでは賃貸に住んでいる状況なのですが、ある程度以上の規模のリフォームとなると、マンションを購入してから物を運び込みすぎてしまう前にリフォームを始めたほうが都合が良いのではと思っているため、仮の居所や物置き場として賃貸の方もリフォームが終わるまで借りたままにしておくことを考えている状況です。リフォームを契約する前に住民票を移すといった手続きの他に必要なことはありますか?
はじめまして、
まず住宅資金贈与非課税制度ですが、平成27年1月1日から令和3年12月31日までの間に、父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、自己の居住の用に供する住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等(以下「新築等」といいます。)の対価に充てるための金銭(以下「住宅取得等資金」といいます。)を取得した場合において、一定の要件を満たすときは、以下の非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります。
要件はいくつかありますが、重要なものとしては、
①贈与を受けた年の翌年3月15日までに住宅取得等資金の全額を充てて住宅用の家屋の新築等をすること。
②贈与を受けた年の翌年3月15日までにその家屋に居住すること又は同日後遅滞なくその家屋に居住することが確実であると見込まれること。
があります。
また、非課税枠は、一般住宅で本年の12月31日までの契約で、1000万円です。
この非課税枠は、中古住宅の取得と増改築とは、それぞれ別事由の適用要件となりますので、合わせて1000万円が上限です。
あなた様がご心配されている居住要件は、上記のように、贈与を受けた翌年の3月15日(取得期限でもあります)が原則ですが、居住することが確実(あなた様は該当)であれば、翌年の12月31日まで、となります。
居住は、税務署は住民票で確認することが通常ですが、居住実態が基本です。
次に補助金ですが、あなた様が指摘された次世代住宅ポイントは、既に申請が締め切られています。
本年は、グリーン住宅ポイント制度がありますが、対象工事が断熱改修やバリアフリー等限定されています。
以下のリンクを参照ください。
https://www.sumai-fun.com/money/renovation/
yiw9uをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問