ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 1980
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

お世話になります。 子供の資産形成について質問させてください。 現在小1、年中の子供がおります。

ユーザー評価:

お世話になります。
子供の資産形成について質問させてください。
現在小1、年中の子供がおります。
学資保険をかけており、それぞれ高3時に140万円がもらえる予定です。あと児童手当は全額貯金にする予定です。
最近こどもNISA?らしき言葉も聞き、公立一本で考えていた人生設計がコロナ禍でオンライン授業をしている私立も検討する必要があるかも、小1娘が科学者二なりたいという理系の夢を語りだしたので、お金は今後足りるのか…?など不安が出てきています。
現在私は専業主婦、夫は年収680万ほどです。
学費として足りない、こどもNISA検討すべきなど何かアドバイスありましたらよろしくお願いします。

はじめまして。

参考として

私立高校の授業料等の初年度費用が平均で約72万円のようです。

そのうち授業料と施設整備費等が平均約46万円のようですから、3年間で170万円程度必要になるようです。

大学の入学時費用の平均が約80万円で、そのうち授業料が約50万円なので、4年間で230万円になります。

一方、児童手当を全て貯金に回していると、中学卒業時に子供一人当たり約200万円になるかと思います。

そこに学資保険の140万円を加えると340万円です。

そうすると、私立高校と大学進学を考えると、児童手当と学資保険だけでは賄うのが難しいのではないかと思います。

また、上記で紹介しているのはあくまで平均値なので、今後どうなるかわかりません。(基本的には値上がりしていくのだと思います)

「どれだけ必要か?」という話になると、実際は進路によって様々と思います。

奨学金の利用等も含めて今後検討していただくことになるのではないかと思います。

NISAについてですが、基本的に株式や投資信託の運用益が非課税になるというだけなので、運用益が出ない場合は損する可能性もあります。

逆に言うと株式や投資信託で利益を出すのが容易いのであればNISAで無かったとしても運用をすると思うので、「NISAだから」という理由で新しく投資をする理由は無いというのが個人的な見解です。

※すでに株式や投資信託である程度利益を得ているのであれば、その運用の一部をNISAで行うことを検討するのは良いと思います。

お役に立つかわかりませんが、以上になります。

specialoneをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12354;りがとうございました。
参考にさせて頂きます。

ありがとうございました。

学資に限らず、資産形成全般の話と思うので、もしまだ検討していないようであれば個人年金保険(生命保険料控除の個人年金保険扱いになる保険です)を検討してもいいかもしれません。

税・ファイナンス についての関連する質問