ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nakaに今すぐ質問する
naka
naka, 税理士
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 80
経験:  Expert
110883515
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
nakaがオンラインで質問受付中

社員20名程度のIT関連の代表をしております。仕入れは無いので、税理士などはまだ付けていません。

ユーザー評価:

社員20名程度のIT関連の代表をしております。仕入れは無いので、税理士などはまだ付けていません。11月10日より税務調査を受けております。
取引先との売上などには一切問題は無かったのですが、経費にいくつかの私的経費や、社員への福利厚生不算入の経費がありました。
それについては自分のミスですので、その旨を伝え、全て自分への役員報酬として納税する意思も示しております。その後に「質問応答記録書」を提示され、全ての書類に捺印もしました。しかし、経費のミスを役員報酬として構わないと言っているにも関わらず、まだ購入先から書類を取り寄せて調べているようです。その後はどのような流れになるのでしょうか。すでに2か月以上も経過しているのに、いつ終わるのかも分からない状況なので質問させてもらいました。

こんばんは、宜しくお願いいたします。

まだ購入先から書類を取り寄せて調べているようです。とのことですので、金額など提示するのにまとめていらっしゃるのではないでしょうか。

税務調査の期間はその税務署や部署・会社によって違いますが、そろそろ結論が出てもよい頃ですね。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12372;返信を有難うございます。調査期間が長すぎるという事ではないことは分かりました。しかし、年に1回、私の父が所有している別荘(那須)にて、気分転換と親睦を兼ねて管理職会議を1泊2日で実施しており、その際の食費(福利厚生)と交通費(ガソリン、高速道路)を経費として計上しました。1回6人で約10万円くらいです。
もちろん、宿泊費などは無料なので損金計上しておりません。そこで、税務署から別荘の所在確認の為に、住所や地図、写真、及び会議を実施した際の議事録を提示したのですが、税務署は別荘を建設した会社にまで、当時の見積書の提示を求めているようなのです。さすがに、そこまでやるべきものなのでしょうか?先方の建設会社からも、脱税に利用されているような不信感を抱かれていると父から連絡がありました。

ご確認いただき、ありがとうございます。

税務署は別荘を建設した会社にまで、当時の見積書の提示を求めているとのことですが、お父さま所有ですよね。

建物建設の見積書ですか?法人の調査のみなのでしょうか?

質問者: 返答済み 17 日 前.
12399;い、土地も建物も父が所有しているもので、私の会社は一切関与していないのですが。
そもそも、会社が出来る前に購入、建設してますし。
建築会社に連絡しているということは、登記簿を取り寄せていると思われ、所在や所有者が確認できているので、それで良いと思われ、正直やり過ぎなのではと思ってしまい、相談させて貰いました。
お忙しい所をすみません。

ご連絡ありがとうございます。

そうですよね。私も正直、管理職会議についての費用を否認するのかだけを考えますと、そこまでする必要があるのかと疑問に思います。

広域な調査で個人も関係するのであれば、場合によっては見積書も関係するのかと思いますが、伺ったお話の中では見積書が必要な要素は見当たりません。おっしゃっていることが合っているかや、客観的な追加資料がないかなど、もっと簡易な確認でよさそうなものですが。

経費にいくつかの私的経費や、社員への福利厚生不算入の経費がありましたとのことですが、その他否認されそうなところはございませんか?

ご質問は以上でよろしかったでしょうか。

nakaをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問