ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 1388
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

NPO法人の清算を進めています。指定したNPO法人に残余財産を譲渡する場合、譲渡先の法人の領収書を清算事務報告書に添付す

ユーザー評価:

NPO法人の清算を進めています。指定したNPO法人に残余財産を譲渡する場合、譲渡先の法人の領収書を清算事務報告書に添付する必要はあるのでしょうか。ご教授下さるようお願いします。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 新潟県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: それではもう一つお聞かせ下さい。残余財産がある場合、貸借対象表に残余財産を記載して、貸借対象表の残金を0にする必要があるのでしょうか。よろしくお願いします。
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。
質問者: 返答済み 21 日 前.
20102;解しました。宜しくお願いします。

>譲渡先の法人の領収書を清算事務報告書に添付する必要はあるのでしょうか。

特にそのような必要はありません。事業報告や決算報告書に、領収書を添付する必要がないのと同じです。ただし、清算事務報告書に対して、監事の承認を得る際には、監事に事実を確認できる証憑を提示する必要は出てくるでしょう。

>残余財産がある場合、貸借対象表に残余財産を記載して、貸借対象表の残金を0にする必要があるのでしょうか。

残余財産の記載のある貸借対照表を作成することになります。残金があれば残金を記載します。

houmu, 2級ファイナンシャル・プランナー
満足したユーザー: 1388
経験: 行政書士 知的財産修士
houmuをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 20 日 前.
12372;回答有難う御座いました。よくわかりました。どうも有難う御座いました。

税・ファイナンス についての関連する質問