ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 1655
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

引っ越し残留物の撤去費用に、とくに見積りなどは提示されずに26万円ほど請求されています(まだ撤去は行われてません)。ちな

ユーザー評価:

引っ越し残留物の撤去費用に、とくに見積りなどは提示されずに26万円ほど請求されています(まだ撤去は行われてません)。ちなみに家賃は約6万円ほどです。これを払わないでいるとどうなるでしょうか?また自分自身で処分することは可能でしょうか?

はじめまして。

質問カテゴリが違う気がしますが、知っている範囲で回答させていただきます。

残置物は残さなければ処分代を請求されることはないです。

なので、退去前にご自身で処分すれば本来請求されないはずです。

見積の提示が無いということですが、残置物の撤去は業者がまとめて行うことが多く、見積もりの提示があったとしても、例えば「テレビ~円」という細かい見積もりは見たことが無いです。

家賃との対応関係は無く、どの程度のものがどれほど残っているかで決まるとは思います。

大型の電化製品だとかがあると高くなると思います。

撤去が行われていない段階ということであれば、少なくとも敷金の返還前だと思うので、敷金が充当されることになると思われます。

敷金だけで足りない場合は改めて請求が来ることになり、それでも無視ししていると保証人のところに連絡がいくのではないかと思います。

賃貸借契約時に保証会社を利用している場合は保証会社経由で支払いを求められると思いますが、そうでないのであれば仲介の不動産屋から連絡がいくと思います。

保証会社を利用していない場合は正直なところどこまで請求されるか不明です。

26万円の請求も敷金から充当できるように多めに提示している可能性もあり、真意はわからないです。

正直、大家側からすれば、「問題なく退去してくれればそれでいい」というところがあるので、残置物を残さなければ撤去費用の話は出なくなると思います。

多額の見積もりが出ているケース(退去修繕もそうですが)は大家さん側の問題ではなく間に入っている不動産屋の問題のことが多いです。

specialoneをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問