ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
マネーDr.Xに今すぐ質問する
マネーDr.X
マネーDr.X, CFP上級ファイナンシャルプランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 44
経験:  ファイナンシャルプランナー歴12年
110161144
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
マネーDr.Xがオンラインで質問受付中

工事完了日2019.2.10にて増築を行ったのですが、会社員で控除のやり方をわからず今まで確定申告をしておりませんでした

ユーザー評価:

工事完了日2019.2.10にて増築を行ったのですが、会社員で控除のやり方をわからず今まで確定申告をしておりませんでした。今から確定申告を行う方法を教えて頂けますでしょうか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 必要と思われる書類は用意しております。

はじめまして。CFP上級ファイナンシャルプランナーが

回答させていただきます。

2020年3月15日までに確定申告が本来必要でしたが、現在

コロナの影響で税務署も申告について柔軟に対応してます。

(ちなみに還付金関係は5年可能です。)

なので、早目に住所地の税務署に申告されて下さい。

書類の準備が出来ているとのことですので、e-taxで確定申告書

を作成されてはいかがでしょうか。

2019年の源泉徴収票を元に作成して行きます。

印刷して提出からスタートし、順番通りに進むのでそのとおりに

データを入力します。

完成したら印刷して添付必要書類とともに郵送又は住所地の税務署

へ行って提出します。

お役に立てれば、幸いです。宜しくお願いいたします。

ご参考までにhttps://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1216.htm

国税庁ホームページ 増改築の住宅借入控除

ご確認ください。

質問者: 返答済み 14 日 前.
2019年分の確定申告と2020年分の確定申告を同時に行う形でいいのですか?

ご質問ありがとうございます。

確かに年末調整も完了されている時期ですので、

2019年分と2020年分の確定申告を年明け

にされて下さい。2度手間がかからないかと

思います。ちなみに還付金(お金が戻ってくる)の

手続きは年明け1月の税務署稼働日から可能です。

宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12377;いません。もともとの年月日が間違っておりました。工事完了日平成29年.2.10にて増築を行ったのですが、会社員で控除のやり方をわからず今まで何も確定申告をしておりませんでした。今から確定申告を行う方法を教えて頂けますでしょうか?
神奈川県です。

手続きは同じです。過去に遡って確定申告します。

平成29年度、平成30年度、令和元年度、令和2年度、

4年分を確定申告します。

4年分の源泉徴収票と4年分のローンの残高証明書

が必要となります。

お役に立てたら、幸いです。評価もお願いいたします。

追加です。e-taxで年内は平成29年度分~令和元年度分

まで3年度分は作成出来ます。令和2年度分は年明け

から作成出来ます。源泉徴収票を元にデータを入力

して、流れにそってローン残高などを入力していく

だけで、計算は自動的にやってくれます。

難しいことありません。先ずは作成してみて下さい。

以上となります。宜しくお願いいたします。

マネーDr.Xをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます。助かりました。

ご評価いただき、ありがとうございます。

過去の源泉徴収票は会社にも保管あるはずです。

よろしくお願いいたします。

税・ファイナンス についての関連する質問