ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
マネーDr.Xに今すぐ質問する
マネーDr.X
マネーDr.X, CFP上級ファイナンシャルプランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 43
経験:  ファイナンシャルプランナー歴12年
110161144
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
マネーDr.Xがオンラインで質問受付中

年末調整の書き方がわかりません, 愛知県です,

ユーザー評価:

年末調整の書き方がわかりません
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 愛知県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: パートをしていて8月まで副業でメールレディの仕事をしていたのですが、そのせいで書き方がわからなくなってしまって

はじめまして。CFP上級ファイナンシャルプランナー

が回答させていただきます。

年末調整は本業の会社で、副業は確定申告する

ことになりますが、ご質問はどのような内容と

なりますか?

質問者: 返答済み 15 日 前.
32102;与所得者基礎控除申告書兼給与所得者の配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書の給与所得者の基礎控除申告書の欄の書き方なのですが、⑴給与所得の収入金額は本業の収入を記入しますよね。
⑵の給与所得以外の所得の合計額というところには副業の所得を書かなければいけないのでしょうか?
それとも副業は別で確定申告するから書かなくても良いのでしょうか?

回答させていただきます。

(1)本業の収入と所得を記入します。

(2)記入しません。

給与所得以外の所得とは、事業所得、雑所得、不動産所得等です。

副業のパート収入も給与所得です。

本業で年末調整、源泉徴収票を元に副業を確定申告します。

お役に立てれば、幸いです。宜しくお願い致します。

追加です。もし本業、副業の合計が103万以下

でしたら、確定申告は必要ありませんが、

確定申告することで、副業分の源泉徴収された

所得税が還付される(戻ってくる)可能性があります。

ご確認下さい。

質問者: 返答済み 15 日 前.
19969;寧な説明でとてもよくわかりました。
ありがとうございました。
あと、給与所得の金額計算方法ですが、収入金額50万の場合の計算式に当てはめると、所得金額の欄は0円って記入すればいいってことですよね?

ご質問ありがとうございます。

はい、その通りです。所得金額は0円となります。

ご参考まで(103万の壁)

103万ー給与所得控除(55万)-基礎控除(48万)=0

103万までは扶養の対象ですし、所得税がかかりません。

よろしければ評価もお願いいたします。

お役に立てたら、幸いです。

マネーDr.Xをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12354;りがとうございました。

ご評価頂きありがとうございます。

まだコロナで不安な日々が続きますが、

お身体第一にお過ごしください。

税・ファイナンス についての関連する質問