ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
マネーDr.Xに今すぐ質問する
マネーDr.X
マネーDr.X, CFP上級ファイナンシャルプランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 22
経験:  ファイナンシャルプランナー歴12年
110161144
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
マネーDr.Xがオンラインで質問受付中

お世話になります。 個人事業主をしております。

ユーザー評価:

お世話になります。個人事業主をしております。マンションや家を仕事用専門に購入した場合、これは全額を経費のような形で処理できるのでしょうか。自宅のマンションはあるため、住むつもりはありません。レンタルオフィスは経費になるかと思いますが、意外と高いものが多いなと感じており、買ってしまった方が将来的には安くなるのではないかと感じておりました。

はじめまして。オフィスとして仕事目的の購入

ですと、【減価償却資産】として耐用年数に応じて

按分して経費に出来ます。

減価償却の方法は【定率法】と【定額法】が

ありますが、不動産は定額法のみとなります。

鉄筋コンクリート(マンション)などですと、

耐用年数は50年です。

質問者: 返答済み 19 日 前.
12354;りがとうございます!資産で経費にしていたものの、個人事業をやめた場合などは、やめた以降を資産計上せずに個人として支払いをすれば、過去に遡って税金の支払いは必要ないでしょうか。いつまで続けるかわからないため、確認でした。

取得金額×定額法償却率×使用した月数➗12=その年の減価償却費

となります。

ちなみに耐用年数50年ですと、償却率は0.020です。

ご確認下さい。宜しくお願いいたします。

マネーDr.Xをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 19 日 前.
12354;りがとうございます。

廃業されて個人が引き継ぐ場合は問題ありません。

廃業に伴い売却益が出る場合は、課税される可能性はあります。

ご質問ありがとうございました。

税・ファイナンス についての関連する質問