JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 327
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

質問させていただいていいですか? 大阪府です,

ユーザー評価:

質問させていただいていいですか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪府です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特にないですが、私は会社経営者で、1)顧問税理士にデタラメな決算書を銀行に提出された。2)決算前まで黒字で決算書を作る段階で大赤字でした。と言われ、その顧問税理士会社に損害賠償請求をしたいと考え、そのご相談をしたいなと考えてます。

はじめまして。

 

実際の損害賠償請求の手続きや請求金額の算定などは、弁護士の方でないとわからないと思いますので、法律カテゴリにて質問していただければと思います。

 

なので、税理士の立場で一般論として回答させていただきます。

 

① 税理士の責任について

税理士会が作成している契約の雛形においては、資料提供の義務は納税者(依頼者)側にあり、資料提供の遅れによる損失については納税者側が負担することになっているケースが多いと思います。

なので、決算時に大赤字になった原因が、決算時に受け取った資料によるのであれば税理士側の責任を問うのは難しいのではないかと思います。

逆に、「既に資料は提供済みであるにも関わらず、決算の段階で赤字が発生し」ということであれば、ある程度は責任があるのかと思います。

 

② 免責条項

契約の際に損害賠償の限度額を定めているケースがあります。

ゼロの場合もありますが、概ね顧問料1年分なのではないかと思います。

今回の問題発生の経緯にもよりますが、損害賠償請求という言葉が出る時点でこの先の契約継続は無いのかと思いますし、察しのいい税理士であれば感じ取っているとも思います。

契約書の内容に応じて請求を行えば返金を行うのではないでしょうか?

 

ご要望に沿うかわかりませんが、よろしくお願いいたします。

specialoneをはじめその他名の税・ファイナンスカテゴリの専門家が質問受付中

税・ファイナンス についての関連する質問