JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 税・ファイナンス
満足したユーザー: 556
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 税・ファイナンス に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

地方公務員(父、83才、先月他界)の妻(母)が、扶養家族であったのに国民年金を払い続けてきた(3号の届出をしたか不明)場

質問者の質問

地方公務員(父、83才、先月他界)の妻(母)が、扶養家族であったのに国民年金を払い続けてきた(3号の届出をしたか不明)場合、本来支払う必要が無かった保険料は還付してもらえますか?
投稿: 8 ヶ月 前.
カテゴリ: 税・ファイナンス
専門家:  dai60962000 返答済み 7 ヶ月 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

お父様が83歳ということは、お母様も相当年齢が上ということでしょうね。

国民年金の払い込み期間は60歳までで、それ以降は受給者となります。

払い込んでいたのは相当前、ということになりますが、払い込んでいたというのは事実でしょうか。

お父様が公務員ということは、共済年金の被保険者ということになります。

お母様の国民年金3号保険者の届け出がされていたかということは今となっては調べることが難しいかと思われますが、どの期間3号でなかったか一度年金事務所に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

結婚してから一時期でも年間130万円、一月10万円程の給与をもらっていませんでしたでしょうか。

公務員共済組合では、婚姻の際に健康保険の手続きをしている際に、国民年金3号保険者の手続きも併せて行っています。

何かしらの手違いで手続きがされていなかったということでしょうか。

ただ届け出がされていなかった以上保険料納付は発生します。還付も認められません。

忸怩たる思いがあるでしょうが、あきらめるほかないのが実情です。

税・ファイナンス についての関連する質問