JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
masterに今すぐ質問する
master
master,
カテゴリ: スバル
満足したユーザー: 6
経験:  代表取締役 at 有限会社 八街鈑金
100853404
ここに スバル に関する質問を入力してください。
masterがオンラインで質問受付中

両前輪タイヤの偏摩耗についてお聞きいたします。

質問者の質問

両前輪タイヤの偏摩耗についてお聞きいたします。
スバルレヴォーグ1.6GTアイサイト(型式VM4A545-DIC-5X20)27年3月30日登録 車検30年3月7日ディーラーにて済み(走行29200km)。走行が25000km位あたりから時速90kを超えるとハンドルがブレるようになりましたが、車検まで間がなかったのでそのまま走行していました。しかし走行28800km時点で前輪タイヤの異常摩耗に気づき、急遽タイヤ交換をいたしました。
外側だけが摩耗するのは普通ですが、内側はトレッド・オーバーレイヤー・ベルト更にカーカスまですり減っていました。もちろん外側も相当減っていますがトレッド部の減りが多いだけです。
知人の車屋(レーシングカーや外車の改造も手掛けている技術屋)でタイヤ交換をしたとき、「アライメントが狂ってる可能性が高いので、車検の時にディーラーで点検してもらってください」と言われました。
車検時に擦り減ったタイヤを持っていきさつを述べてアライメントの点検をお願いいたしました。結果は「「アライメントは既定の範囲内なので、偏摩耗の原因はタイヤローテーションをしないせいです」と言われました。
私は「ローテーションをすれば、4輪とも内減りするでしょ。ローテーションは減りを目立たなくするだけでしょ。ローテーションするとどのような理由で内側が減らなくなるのですか?」と問いただしても、回答は無く「ローテーションしないから内減りするのです」の一点張りです。
納得がいかなかったので、知人の車屋で先日アライメントの測定をして頂きました。結果は、「両前輪は右を向いていて、両後輪は左を向いていますので、走行するに従って前輪が偏摩耗を起こし、気づかずにいればやがてバーストします」との事でした。
その結果を再度ディーラー言っても今度は課長共々「ローテーションしないからだ」の一点張りです。
5年間の有料保証に入っていますが、何のための有料保証なのかわかりません。
専門家のご意見を承りたいです。
このページで写真を送れるようにしていただけるとありがたいのですが。
投稿: 14 日 前.
カテゴリ: スバル
専門家:  master 返答済み 13 日 前.

測定結果の記録・結果出力の出来る4輪アライメントテスター(大きなタイヤショップ等)にて測定し、その結果をディーラーに示すのが良いかと思われます。

フロントの偏摩耗は知人の車屋さんの言うとおり、主に後輪の向きがセンターに揃っていないと起こる現象で、真っ直ぐ走るために常にハンドルを左に切る状態になってると思われます。

アライメントのデーターを提示してもらちがあかない場合、そのディーラー本社のクレーム窓口かメーカーの窓口に相談してみるのも良いかと思われます。

尚、アライメントテスターにて調整が可能ですのでデーター取りのついでに直してしまうのも手ですが、通常ですと15000~20000円程かかると思います。

質問者: 返答済み 13 日 前.
36820;信ありがとうございます。
アライメント測定の結果をディーラーに伝えましたが、とにかく「タイヤローテーションをしないからだローテーションさえしていれば、偏摩耗はしない」の一点張りなのです。「タイヤは毎日点検するのが当たり前なので、毎日見ていればこんなに摩耗しなかった」とも言われました。普通はタイヤの内側なんて余程何かなければ、態々ハンドルを切ってまで見ませんよ。
スバルのお客様相談窓口に言えば、「販売店に相談してください」でたらい回しです。
今日、ディーラーでの初回車検を受けた時のデータを見たのですが、その時のタイヤ溝の残は前輪が99%(タイヤ交換後400kmしか走っていない)後輪が60%(交換していないので)ありました。タイヤの空気圧が少なかったりしていればこんなに走れません。私は高齢の身障者でありG免許保持者でもありますので、運転は大人しい方です。仕事もしていないので通勤にも使っていないしもっぱら高速道路での旅行使用が主です。ブレーキパッドも3万キロ走っても2mm、(前1mm後3mm)しか減っていません。
そんな大人しい使い方をしているのに、この減り方は異常です。
とにかくスバルも、ディーラーもとりあってくれません。なにかいい方法はないものでしょうか?
専門家:  master 返答済み 13 日 前.

新車当時のタイヤにて25000Km走行での異常ですと、ディーラー側で非を認める事はかなりハードルが高いように感じます。

ですがスバル側に非を認めさせるために、専門家(修理工場やタイタショップ)を同席させて説明してみるのも手かと思われます。

お客様の行きつけの理解のある修理工場であれば協力して頂けると思います。

尚、フロントのタイヤの両方とも内側だけ減る場合ですと、フロントのアライメントがトーアウトになっている可能性があります。

その場合、軽微な調整で直りますので修理工場に調整をお願いしてみても良いかと思われます。

質問者: 返答済み 12 日 前.
31169;は、今までは大体4万キロでタイヤ交換していました。
もう少し考えてみます。
スバル車の対応にはガッカリです。2度とゴメンだね。
助言、ありがとうございました。