ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
パソコン&カードクターに今すぐ質問する
パソコン&カードクター
パソコン&カードクター, テックサポートエンジニア
カテゴリ: スマートフォン
満足したユーザー: 12
経験:  Expert
118820885
ここに スマートフォン に関する質問を入力してください。
パソコン&カードクターがオンラインで質問受付中

Iphoneは使用できませんという画面が出る アシスタント: 了解しました。お使いの

質問者の質問

iphoneは使用できませんという画面が出る
アシスタント: 了解しました。お使いの iPhoneの機種を教えていただけますか?
質問者様: iphone12です
アシスタント: 再起動など、ご自身で何か試みられたことはありますか?
質問者様: 特にないです。長時間ポケットの中に入れていたらその画面が出ていました。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、スマートフォンテクニカルサポートに事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にないです。
投稿: 13 日 前.
カテゴリ: スマートフォン
専門家:  パソコン&カードクター 返答済み 13 日 前.

こんばんは。
どうぞ宜しくお願いします。

「iPhoneは使用できません」と表示されるのは大きく2種類の原因が考えられます。

・パスワードを誤入力した場合
iPhoneはデータ保護の為に、パスワードの入力を一定回数誤入力すると、操作が出来なくなってしまいます。
具体的にはパスワードを6回誤入力すると、一時的に使用できなくなります。
さらに10回続けて誤入力すると、「iPhoneは使用できません」と表示され、iPhoneの操作が出来なくなります。

・iPhoneが誤作動を起こした場合
パスワードの誤入力をしていないのに、気づいたら「iPhoneは使用できません」と表示が出て、操作ができなくなるケースもあります。
それは「ゴーストタッチ」と言われる現象で、実際にはタッチしていないにもかかわらず、誤ったパスワードが押され続けている状態になります。
今回はポケットに入れていたとの事で、その間におきたものと考えられます。
この事により、知らない間に10回続けてパスワードを誤入力したことになり、「iPhoneは使用できません」とロックがかかる事があります。

修復方法は2つあり、「復元」と「初期化」という2種類の対処方法があります。
どちらもiPhone内のデータが消える対処方法ですので、不具合に備えて日頃からデータのバックアップを取る習慣をつけると良いです。
「復元」よりも「初期化」の方が消えるデータが多いため、まず「復元」を試してみて上手くいかなかったら次に「初期化」を試します。

方法1:「iTunes」でiPhoneを復元する
まずは「iPhoneを復元する」方法を解説します。

iPhoneをパソコンに接続してiTunesでiPhoneデータのバックアップを取っている場合は、比較的簡単にiPhoneの復元が可能です。
この方法で復元する場合は、最後にバックアップを取った時点の状態に戻す事になります。
「iTunes」を使ってiPhoneを復元する方法は以下のとおりです。
・iPhoneと同期しているパソコンでiTunesを開く
・iTunesのメニューから復元したいiPhoneを選ぶ
・「iPhoneを復元」をクリック
この方法の途中でパスワードの入力が求められた場合に、そのパスコードが判らない場合は次に「方法2」をお試し下さい。

方法2:「リカバリーモード」でiPhoneを初期化する
iPhoneをiTunesと接続させてバックアップを取っていない場合やパスコードがわからない場合は、iPhoneを出荷状態に戻す「初期化」を行う必要があります。
初期化する方法は2種類ありますが、まずは「リカバリーモード」を使って初期化する方法を解説します。
初期化をすると今使っているiPhoneのデータが全て消えてしまうため、あらかじめ認識して作業を進めましょう。

「リカバリーモード」を使って初期化する方法は以下のとおりです。
・iPhoneをiTunesがインストールされたパソコンに接続する
・iPhoneの電源を切る
iPhoneの電源を切る方法は、iPhoneの種類によって異なります。
今回のiPhone 12の場合
・サイドボタンと音量を下げるボタンもしくは上げるボタンを同時に長押し
・電源オフスライダが表示されたら離す

リカバリーモードに設定する
iPhoneのリカバリーモードを起動させるためには、iPhoneをiTunesに接続した状態で電源を切り、以下の動作を行う必要があります。
iPhone X 以降、SE (第2世代)、8シリーズの場合
・サイドボタンを長押し

・iPhoneを復旧する
iPhoneでリカバリーモードを起動できたら、iPhoneを接続しているパソコンで初期化したいiPhoneを選択肢、「復元」か「アップデート」を選ぶ画面になります。
ここで「復元」を選ぶことでiPhoneの初期化が開始されます。

ただし、iPhoneをアップデートすることで改善する可能性があります。
先ほど解説したようにiPhoneを復元したり、初期化をすると、一部のデータが消えるなどの代償があります。
まずは「方法2」で解説した中にある方法で「アップデート」を試してみると良いかと思います。

以上、宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます。
「iTunes」を使ってiPhoneを復元する方法を試したのですが、同期がができないです。
また、バックアップをしていない時期のデータの復元は諦めるしかないですか?
専門家:  パソコン&カードクター 返答済み 13 日 前.

返信ありがとうございます。

バックアップをしていない時期のデータは諦めるしかないかと思いますが、アップデートで修正される事もありますので、

まずはアップデートを試すのも手です。

上手くいく事をお祈り申し上げます。

スマートフォン についての関連する質問