JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ: 小動物
満足したユーザー: 998
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 小動物 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

ミックスキジ猫・メス・6か月でNPO施設で去勢術を11時30分に受けました。中々麻酔から覚めず18時頃やっと少しゆらゆら

ユーザー評価:

ミックスキジ猫・メス・6か月でNPO施設で去勢術を11時30分に受けました。中々麻酔から覚めず18時頃やっと少しゆらゆらと少し歩くくらいです。食欲あるようで柔らかいものを与えました。①腹部全体にイソジン消毒があり、よくなめていで傷のガーゼのところは特に咬み引っ張る動作が続きます。その後抱きかかえるとうーっうなります。痛みですか?痛みならどれくらいで軽減しますか。②水分は全く摂りません、麻酔覚醒に影響ありませんか?③今回のことがトラウマになることは?明日には、元の元気にもどりますか?④横になろうとせず、ずっと座った状態で眼球はまん丸に近い状態です。恐怖ですか、不安ですか?  以上のこと長くで申し訳ありませんが、様子みてて良い物でしょうか、何か注意することがあればアドバイスをください。よろしくお願いします。

茶々ちゃんのご家族様

初めての猫ちゃんだと心配ですね。

ご質問のご回答ですが

①イソジンは濃度によっては刺激性が強く、また猫の皮膚が弱いので、痒みにもなります。そして切った傷が何回もメスでこするような切り方をすれば、炎症が出ますし、すごく綺麗に切れても圧座による脂肪が腫れると表現をするのですが、炎症を起こすことがあります。

この炎症は早ければ明日には引きますし、長く続く子で腫れが半年以上も続いているのだけどという子を見たこともあります。

ただ、NPOでの手術は普通の病院と比べて麻酔について筋肉注射によるものが多いため、覚めが悪かったり、体重やその子に対して多すぎることもあるようです。

②お水はまだ完全に覚めていないようなので、飲ませると誤嚥性肺炎を起こすこともありますから、日が開けたくらいから少しずつで十分です。

多分、皮下補液で点滴の液剤を背中に入れていると思うので、飲まなくても安心されて結構です。

③トラウマに関しては、確証のあることは申し上げにくいですが、麻酔で使われた薬に逆行性健忘症を起こすものがあるのでなりにくいかもしれません。

その子その子で異なります。通常明日の朝には元気になっているものですが。

④麻酔薬の副反応の可能性もあります。または頭が完全に覚めていないのか、精神的な問題なのか、評価は難しいですが、音や光に過敏に反応するのであれば、やや暗い部屋を作ってあげるなどの対応をしてあげて下さい

blue_rose2017をはじめその他名の小動物カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。麻酔中点滴をしていないと思っていました。病院と違い、迎えに行ったときは獣医の先生には会えず一人で心配で夜中に他県まで茶々を救急受診してきました。点滴しようとしましたが、暴れてできなかったのですが、熱が39.4℃と高めのために抗生物質の注射をしてもらって帰宅しました。今朝も元気なかったのですが、少しずつ遊びながら動くようになり少量ながら朝食も食べで、8時にはいつもの水飲み場でゴクゴクと水を飲むすがたで安心しました。アドバイス頂いたように、傷の様子はみていきたいと思います。また、不安な時は相談させていただきますのでアドバイスよろしくお願いいたします。

良かったです、このまま落ち着いたら何も怖くないですね。

麻酔後の発熱がどこ由来かは解りかねますが、今後麻酔をかけることがあったら、麻酔後に発熱したという旨を先生に伝えて下さい。

そうしないと何か理由なのか?が分からなくなりますし、更に

現場でも何が悪かったのか?の判断がつきにくくなりますので、お願いいたします

質問者: 返答済み 1 年 前.
32154;きの相談は可能でしょうか。今朝は少し元気でホットしたのですが、時間たつにつれ元気がなく、食も進まず心配です。
昨日の術後の食事は50㎉程度で、今日も今まで(17時頃まで)に50㎉ほどです。便は朝と昼に親指大のものをしました。尿は2回です。
①明日病院受診した方がいいのでしょうか。アドバイスで術後1日目は元気になっていると思うとありましたので心配です。②また、どのような様子を観察していればよいのでしょうか。

全然、余裕です!

今の猫ちゃんの体重×70kcalが1日の安静時のカロリーなので、多分2kgくらいのことが多いので140も食べられれば十分ですし、覚めが悪かったとのことですので、24時間は頭がフラフラしたり、お腹の覚めがまだなのかもしれませんし。難しいところです。

①については、明日も食べない、具合悪そうだなら検討してください。多分術前検査もされてないと思うので、麻酔は猫の場合0.05%だったと記憶してますが、問題を起こすという報告がありますし、

麻酔で肝臓とかに軽くダメージが出ることもあります。

②はいつも通りか?です、現場で術後1日目は迷惑かもしれませんが、ご家族の方にお電話を入れさせてもらって何か変わったことないですか?等の確認を入れたりします。

その際、こうこうこうが心配だとか、何からで来院をしてもらうのですが、いわゆる、食う寝る遊ぶが出来ない、傷を気にしてる、そういう問題があれば、早めの対応かな?と考えます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12377;みませんそうそうのアドバイスありがとうございます。食事の件ですが、手術当日、手術1日目と2日間ともに1日の摂取カロリーが50キロカロリー程度です。いつもの元気は全くありません。体温も図った方がいいでしょうか。人間の体温計でよいでしょうか。今はきっと嫌がると思いますが・・・・・・。
今も、ずっと寝たままです。熟睡はしておらず、すぐ目は開ける状態です。NPOを否定するつもりはありませんが、今は茶々に病院で手術受けさせればよかったと申し訳なく、どうすればいいのかわかりません。どうししたらよいでしょうか、何か教えてください。県内には土日受診、夜間受診できる病院もなく、昨夜は他県まで車で行ったので相当ストレスを与えたと思います。よろしくお願いいたします。

ご連絡遅れて申し訳ありません。

体温の測定は、動物の場合、お尻からになるのでやめてあげてください。上手に入らないと嫌な思い出になることと、人用のものでは、先が硬いので難しくなります。

説明が自分も漏れているようですので、周術期、特に術後の説明をさせてもらいます。

①術前

麻酔前にはご飯を抜きます。何かしらの目的があって、ご飯を食べさせなければならない場合はご飯をあげますが、少なくとも猫であれば8時間は絶食させます。絶水は4時間程度。

そういうわけで、朝お水飲んでも大丈夫ですよで朝10時位に預かっても、お昼に手術ができるようになります。

②術中

ご飯は食べません、麻酔をかけて、必要な処置をします。例えば、イソジンでお腹を消毒したり何から。

そして、お腹を開けて外科的な介入を入れます。

女の子の猫ちゃんなので、子宮卵巣摘出術が日本では主流ですが、糸が少なくて済むので卵巣摘出術のこともあります。

そして、筋膜と腹膜をまとめて縫って、皮下組織を優しく寄せて縫って、皮膚の縫合

大体が、麻酔の導入からココらへんで、死亡が少なくて早い先生なら30分の処置です。

その後に、注射麻酔の中で拮抗薬と言って、目が覚めるお薬(覚醒剤ではないです)を打って、目が冷めてくれるのを待って、手術完了です

③術後

1)当日お迎えのとき

自分が当日お迎えのときだの説明は、最初の勤務先の先生と同じ説明をするのですが、(特に夕方18時頃返すことが多いので、そういうシチュエーションと思ってもらえると幸いです)

「まずは、頭が醒めて、筋肉が醒めて、お腹の中が醒めます。

(茶々ちゃんの場合であればお迎えにいらした時間にもよりますが)まだ少し、頭が醒めていない部分もあるので

今日はお家に帰ってすぐに、お水やご飯ではなく、手術頑張ったねの退院パーティはしないでください。

お家までの距離にもよりますが、お家に帰って、人の晩御飯を用意して、ご飯を食べたくらいの時間で大体20時位だと思うのですが、

お水を飲みたがるようであれば、飲んでもらってもかまわないですし、そうでなければそのまま様子を見ててあげて

あまりに痛がる、傷口を気にする、横になれないなどの問題があったら早めにご連絡くださいね。

明日の朝にはケロッとしてますが、食べない、元気がない、遊ばないがなければご連絡くださいね」的な内容でお帰りしてもらいます。

従って、最初のご質問頂いてた部分の④「横になろうとせず、ずっと座った状態で眼球はまん丸に近い状態です。恐怖ですか、不安ですか?」は痛みでしょうという話につながります。

実際、お腹の中に指や器具を入れて、操作したら痛いですからね、炎症があるときには必ず、発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能障害がありますので、今回熱が出たのもそれがあるのかもしれません。

従って、動物用のバファリンの親戚等の痛み止めを使う必要性が出てきます。

2)次の日

基本的には食べ始めますが、麻酔時間とか、麻酔開始時間とか、目が覚めた時間等で食べが朝は悪いこともありますが、

お昼くらいから夕方には復調してきます。

お腹の覚めも悪い子がいるので、ふやかしたり、ゼリーとかペースト状のご飯を勧めることも多いです。

只、ご飯はいつもの半分とかそのへんでも問題はありません。

3)次の次の日

ココらへんで100%になっているのが普通なのですが、改善が無いようであれば、早めに来院を促します。

上手な手術をしても3日めには傷口の確認等で来てもらうことも多いです。

4)7〜10日後

抜糸をします

と言ったのが周術期(麻酔前から、抜糸までくらいの術後7日間)の管理的なお話です。

ご対応については、耳や体を触って明らかに熱いと感じられる場合は、病院へ行くのがベストです。

抗生物質とともに、抗炎症薬等を打たれて一時的に熱が下がって動きやすくなったのかもしれませんし、

そこはわかりにくいですが。。。

また、夜間等で行かれたりした際には、必ずお薬をもらうこと、これが重要です。

質問者: 返答済み 1 年 前.
2時に透明の物を吐きました。元気なくなる一方です。耳や体は熱くないです。連絡まっています。

すみません、お電話をリクエスト受けたみたいで

今はどんなですか?

小動物 についての関連する質問