JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ: 爬虫類・両生類
満足したユーザー: 1020
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 爬虫類・両生類 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

日本イシガメを2匹、赤ん坊のころから飼っていて約10年経ちます。

ユーザー評価:

日本イシガメを2匹、赤ん坊のころから飼っていて約10年経ちます。
10日ほど前に気付いたのですが、そのうちの1匹の鼻の先が欠けたようになっており、鼻の穴が大きく開いていました。病気か、別のカメに噛みつかれたなどの怪我なのか判らず、気になり様子をみていますが、欠けた部分が日に日に大きくなってきて、目の近くまで崩れてきているように見えます。
こうなると、病気としか思えないのですが、原因と治療法がお分かりでしたらご教示いただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご連絡ありがとうございます。
お写真の添付をお願いしたいです。
鼻が壊死が起きていますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;々にご連絡ありがとうございます。写真が小さく恐縮ですが、鼻先を拡大してみていただければ幸いです。壊死については知識がなく判りません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
24565;のため写真をもう1枚お送りします。
ご連絡ありがとうございます。お写真拝見しました。
原因はわかりかねますが、今起きている問題として感染は間違いないと考えられます。
亀ちゃんはある程度の絶食に耐えられるのですが、ミズガメなので水の中にいることが感染を助長します。
例えば、エキゾチックアニマルが診察出来る先生はお近くにいらっしゃいませんか?
壊死が起きて副鼻腔炎まで行っているように観察されますから、抗生物質や消毒は適切に行われる方がより良いです
質問者: 返答済み 1 年 前.
21021;めにお伝えしたように原因と治療法を伺いたいのですが、原因はさておき、お話を伺い下記を思いつきました。
専門医に診ていただくまでの応急処置として、ご意見をお聞かせください。
1.「イソジン」を水に混ぜると良い、と聞いたことがありますが、効果がありますか?
 また、そもそもよってよいことなのでしょうか?
2.手に入る市販の薬などで効果がある対処法はありませんか?
3.水を抜き、飲み水だけ与えるようにする方法はいかがでしょうか?
4.もう1匹のカメに感染するでしょうか?
よろしくお願いいたします。
ご連絡ありがとうございます。
副鼻腔炎はスポンジのようになっている骨の組織の炎症なのでご質問頂いたものでは難しい可能性が高いことをご念頭頂きたいと考えます。
1.のイソジンの水の中の投与ですが、有機物があると殺菌効果は無くなります。従って患部の塗布を最初勧めることを考えましたが部位的に骨破壊の可能性やその他の組織へのダメージを考慮してあまりオススメしません。
ただし、塗って風乾できるならば、イソジン1、水9で割ってもらって表面の殺菌は可能です。
2.日本の場合、薬事的な話をすると、内服の抗生物質は市販されていないので難しいです。市販薬での使用は一部の抗炎症薬の使用はできるでしょうが、効くかどうか不明です。
3.は良い考え方ですが、給餌もあるためどこまで陸生に慣れられるかの問題もあります。
4.は原因が明らかでないため、外傷ならば可能性は低く、お水の中のカビとかバイキンからならば弱っていれば感染することは否定しないです
blue_rose2017をはじめその他名の爬虫類・両生類カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
22823;変よくわかりました。早めに獣医の先生に診ていただこうと思います。
遅い時間にご丁寧に回答いただき、ありがとうございました。
「大変満足」と評価させていただきます。

爬虫類・両生類 についての関連する質問