ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kokyouに今すぐ質問する
kokyou
kokyou, 宅地建物取引士
カテゴリ: 不動産取引
満足したユーザー: 38
経験:  立命館大学卒 国交省認定宅建実務講習講師
66193923
ここに 不動産取引 に関する質問を入力してください。
kokyouがオンラインで質問受付中

たびたびすみません 本日2度目になりますが ①先程の借地権の交渉を 地主さん側の不動産の方に お願いする場合ですが

ユーザー評価:

たびたびすみません
本日2度目になりますが
①先程の借地権の交渉を
地主さん側の不動産の方に
お願いする場合ですが
その場合は、地主さんへ
交渉をお願いして
金額をあげて頂ける場合ですが、その不動産の方に
手数料をお
支払いをする事になりますか?
そのあたりは、向こうから
手数料の請求が来るまでは
こちらからは特に
手数料の件は聞かない方が良いのでしょうか?
逆に
値上げの交渉はせずに
今の提示金額のまま
購入する場合は手数料は
必要無いという事でしょうか。最終的に
どうする決めたら地主さんではなく、その不動産の方へ連絡して下さいと
不動産の方から言われたのですが。
②一般論で良いのですが
全面6メートル道路に面している釣竿型の土地と
全面2メートルの道路に面している長方形の土地では
どちらの方が価値は高いでしょうか?
以上よろしくお願いいたします

①の不動産業者への手数料の件ですが、

多分に必要ないと思われます。

というのは、あくまで地主様からの依頼の仕事ですから。

その意味では金額交渉にかかわりなく全て業務範囲内ですね。

遠慮なく思っていることを伝えて結構です。

ただ、最初に「手数料は地主様から頂いていると思いますので

私は払う必要はありませんね」
と念を押してもいいと思います。

もし、これはないとは思いますが、

手数料が「要る」というなれば「であればこの交渉は私の知り合いの業者に

頼むと同じことですか?」
とでも言ってけん制しても良いでしょう。

②の件です。

まずは、前面2mですと基本的に、他条件はありますが、

建築物は建てれません。

現建築基準法では4m以上の道路に最低2m接していなければなりません。

6m道路であればその道路に2m接していれば「旗竿地」でも

建築できます。建築できないと評価は出ません。

そして、相場的には同条件であれば「旗竿地」は

15%程度のダウンかなぁというところです。

参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12383;びたびありがとうございました。①もそのように致します
②は、実家の借地権の土地は
全面6から7メートルで坪数ガ 48ですが旗竿地で
私の自宅は所有権ですが 道路が
2ではなく4メートルだと思います。車はギリギリ通れる公道です。土地は39坪長方形で、建築の時も条件はなかったです。
今回、自宅を売却して
実家の借地権を所有権にして
購入してリフォームする案もあり、ただ、不動産の人の話しでは坪数は多くても旗竿地のため
2分割出来ないし、このあたりだと需要が30から40のあいだの坪数でないと売れないとの事から
下がってしまうと言われましたので、このまま自宅に住んでいる方が良いのか
将来的にどちらが良いのか検討もしており、伺いました。
やはり今の家が全面道路は4メートルでも土地の形としては
問題ないので、実家の借地権
を所有権にするよりも
このままの方が良いのかもしれないと思いました。娘がおりますので将来的な事を考えると
売却しやすい土地の方が良いのかも知れません。

「将来的な事を考えると売却しやすい土地の方が良いのかも知れません」

この考え方は大切です。

今後大きな流れは、不動産は不良債権となる、可能性は大です。

人口減少、シェアリングエコノミーによる所有権離れというように

土地を所有することによる資産形成は遠い昔のことになりそうです。

不要不急の不動産は売れる時に売ることが大切だと私は思います。

参考になれば幸いです。

kokyouをはじめその他名の不動産取引カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます
そのような今後になる事を考えると、やはり実家の旗竿地の借地権は、地主さんに買取して頂くのがベストだと思いました。
とても参考になりました。
たびたびありがとうございました。またよろしくお願いいたします

評価ありがとうございます。

こちらこそよろしくお願いいたします。

不動産取引 についての関連する質問