ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kokyouに今すぐ質問する
kokyou
kokyou, 宅地建物取引士
カテゴリ: 不動産取引
満足したユーザー: 35
経験:  立命館大学卒 国交省認定宅建実務講習講師
66193923
ここに 不動産取引 に関する質問を入力してください。
kokyouがオンラインで質問受付中

築10年の中古戸建を約2年前に購入しました。最近排水トラブルがあってその流れで雑排水槽に購入時に説明のなかった排水ポンプ

ユーザー評価:

築10年の中古戸建を約2年前に購入しました。最近排水トラブルがあってその流れで雑排水槽に購入時に説明のなかった排水ポンプがあることがわかりました。購入時には汚水は下水道に放流と聞きましたし重要事項説明書にも雑排水にポンプアップ設備の説明や記載はありませんでした。それに加えて今回配管の仕組みを調べたら雨水も雑排水槽に流れるようになっていたため大雨などとポンプの故障が重なれば排水がされず家の構造的に床下浸水になることがわかりました。今回のトラブルでも軽度ではありますが床下に水たまりができていました。ある程度は自分の確認不足もあるのでいい経験になったと思わなくもないんですが、買い主が気が付かなかった設備やその設備のいずれ発生するであろう費用リスクは購入時にどの程度売り主には説明する責任があるんでしょうか。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都板橋区になります。
JA: ありがとうございます。上記の他に、宅地建物取引主任者に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: とりあえずポンプの交換はすませてあります。一応売り主の方には文面の方がよいとのアドバイスもありましたのでメールにて連絡はしましたが返信はまだありません。

今回のケース、結論から申し上げますと、

雨漏れや排水トラブルは契約不適合責任において売主の費用負担でもって是正されるべきものです。不具合を知った時から1年以内に申し出ればOKです。

又、「汚水は下水道に放流」との説明を受けられたとのことですが、状況を察するに、汚水雨水は個別浄化槽で直接処理し側溝へ流している又は個別浄化槽を通過して公共下水へ放流している考えられます。

このような説明は大切な「重要事項」となります。重要事項説明義務違反の可能性もあります。

売主から反応がない場合は、都の建築指導課等に宅建係があると思いますのでご相談が良いでしょう。

kokyouをはじめその他名の不動産取引カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 22 日 前.
12373;っそくの返答ありがとうございます。一応メールだけでなく書類を郵送して売り主にこちらの要望を伝えて反応を見たいと思います。ありがとうございました。

頑張ってください。

又、何なりとご相談ください。

質問者: 返答済み 19 日 前.
12362;世話になってます。不動産屋さんからようやく昨日メールの反応がありまして、無事不動産屋さんの方で排水トラブルに関した費用はポンプの交換も含めて全額負担するとの連絡がありました。アドバイスありがとうございました。「反応がない場合は都の建築指導課に相談に行こうと思っています」とメールに記載してあったのでもしかしたらその文面が効果的だったのかもしれません。不動産屋さんからはのらりくらりとかわされてある程度こちらで負担することになるんだろうなと思っていたのでひとまず安心しました。まだ文面で「負担する」とのことだけで費用が振り込まれたわけではないので気持ち的には「本当に?」とも思わなくはないですがまずは引き続き対応していきたいと思います。ありがとうございました。

良かったですね。

排水のことを重要事項として説明ないとは少々驚きでしたが、

まずは先方は非を認めたということで一安心ですね。

無事完了すること願っています。

不動産取引 についての関連する質問