JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kokyouに今すぐ質問する
kokyou
kokyou, 宅地建物取引士
カテゴリ: 不動産取引
満足したユーザー: 24
経験:  立命館大学卒 国交省認定宅建実務講習講師
66193923
ここに 不動産取引 に関する質問を入力してください。
kokyouがオンラインで質問受付中

住んでる物件を売る場合コツありますか?

質問者の質問

住んでる物件を売る場合コツありますか?
投稿: 12 日 前.
カテゴリ: 不動産取引
専門家:  kokyou 返答済み 12 日 前.

居住中の物件売却に当たっては「我が家自慢ノート」なるものを作成して買主にアッピールすることをお勧めします。例えば、

①我が家ならではの使い勝手:雨水タンクを置いている・雨の日は犬走りが便利・床下乾燥があり湿らない等
②近隣の便利な施設や穴場等:駅までの隠れた近道がある・〇〇スーパーより安い隠れたお店がある等
このような我家自慢が列記できれば出来るほど、買主側は売主の家に対する愛着が解かり信頼性が増します。
メリットばかりではありませんね。デメリットもあります。すべて隠さず出すことでメリットも引き立つというものです。例えば、
①我が家の気になるところ:構造面、設備面、築年数から考えると仕方ない部分もありますが、正直に少し出しましょう。
②近隣のこと、隣近所との付き合い方:実はこの辺りが一番買主さんには気になるところです。近所に付き合いの難しい人がいるとかの情報が…

これらのことを考慮・整理し買主の案内時やその後の値段交渉に臨むということになります。

また、案内や交渉もそれなりに労力やコストとが掛かっています。後になればなるほど販売金額は安くなることはデータから解っています。であれば初期の案内であろうと若干の値引きであれば折れ合うことが両者にとって利益があるということになります。

で、買主は値引きの満足感、売主は時間のロスを得る事が出来るということです。

但し、この辺のことは地域的なこと等の事情もあるかと思いますので、最終的には不動産業者の方とご相談の上考慮ください。

参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 11 日 前.
19981;動産業者とは、複数に依頼した方が良いでしょうか?
専門家:  kokyou 返答済み 11 日 前.

一社にするか複数にするか状況により判断は難しいところです。只、言えることは沢山の業者に依頼することは止めたいですね。

業者は横のつながりが結構あり、又、レインズと云う全国ネットのホストコンピュータでつながっています。情報は拡散されるようになっていますので、窓口をどこの業者にするか、と云う意味になります。

その意味では、一社で事足りるとも言えます。

信頼のおける担当者がいれば一番ですね!

頑張って下さい。

不動産取引 についての関連する質問